• 兵庫県臨床心理士会

日本臨床催眠学会第22回学術大会と第43回技法研修会

日本臨床催眠学会第22回学術大会と第43回技法研修会を京都の龍谷大学大宮キャンパスにて開催いたします。

本会は非会員の方でもご参加が可能です。貴会会員の皆様の多数のご参加を心よりお待ち申し上げます。


1.大会テーマ

「日常臨床に活かす催眠誘導技法」


2.会期

2022年11月5日(土) 第43回 技法研修会

11月6日(日) 第22回 学術大会


3.会場

龍谷大学 大宮キャンパス(京都駅より徒歩約10分)

※対面開催予定ですが、新型コロナウイルス感染症の感染状況によって変更する可能性があります。


4.スケジュール

■11月5日(土)技法研修会(9:00~16:30)

「初級研修」と「初・中級研修」の2つからお選びいただけます。

□初級研修

テーマ:確かな催眠誘導技術を身に付ける

講師:水野 泰行 先生(関西医科大学心療内科講座)


□初・中級研修

テーマ:指示的面接の働きかけを効果的にする・介入の下地過程を意識する

講師:吉川 悟(龍谷大学文学部)


□懇親会(17:30~19:00)

 京都リーガロイヤルホテルにて懇親会を行う予定です(事前申し込みのみ)

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によって中止になる可能性があります。


■11月6日(日)学術大会 (8:30~17:00)

□一般演題発表(9:00~12:00)

非会員の方はご参加いただけません。(以下の基調講演とシンポジウムにはご参加いただけます。参加条件に関しては参加申込時にHPの注意事項を確認してください。)


□基調講演(13:00~14:15)

「対人援助における催眠の貢献」

吉川 悟(龍谷大学)


□シンポジウム(14:30~16:50)

テーマ:催眠誘導の技(法を日常臨床に活かす

シンポジスト:吉川 吉美 先生(愛知学院大学)

水野 泰行 先生(関西医科大学)

松原 慎 先生(まつばら心療内科)

 コメンテータ-:東 豊 先生(龍谷大学)

フロアコメンテーター:松木 繁 先生(花園大学)


7.参加費

技法研修会(事前申込のみ)

【初級】正会員:14,000円、学生会員:10,000円、非会員:16,000円

【初・中級】正会員・学生会員・非会員:12,000円


学術大会

正会員:8,000円(当日:9,000円)、学生会員:6,000円(当日:7,000円)、非会員:4,000円(当日:5,000円)


懇親会:7,000円(事前申込のみ)


8.参加申し込み

事前申し込み期限:10月7日

下記の大会HPからお申し込み下さい。

大会HP:https://www.jsch22meeting.com

※技法研修会、懇親会には定員があるため事前申し込みが必須になります。ご注意ください。



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒