• 兵庫県臨床心理士会

日本自律訓練学会主催セミナー

日時:2021年11月6日(土)13:00~16:00(Aコース:実践基礎セミナー)


場所:オンライン(Zoom)での開催 (定員:100名)


目的:正しい自律訓練法の継続的な普及・啓発活動


有資格者を中心とした学会員の自律訓練法指導技術の向上


講師:富岡光直(九州大学), 佐瀬竜一(常葉大学), 大平泰子(富山国際大学), 中塚健太郎(徳島大学)他


対象:これからAT の習得及び継続的練習を希望する会員及び⾮会員で,以下の3つの条件をすべて満たす方


1)自律訓練法の基本的な実技体験を希望する方


2)オンラインWeb会議ツールのZoomで講習会が受講できるスキルと環境が自身で準備できる方(講師によるICT機器の接続や利用方法について説明はできません)


3)PC・タブレット端末等でカメラ・マイクのON/OFF切り替えができる方


主催:日本自律訓練学会


申込:日本自律訓練学会Webサイト(https://www.jsoat.jp/)から申し込みください。

〆切:2021年10月29日(金) ※11/1までに振込確認ができた方には申込完了のメールを随時お送りします。


自律訓練法実践基礎セミナー20211106
.pdf
Download PDF • 635KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒