• 兵庫県臨床心理士会

日本SEL研究会第11回大会

■日本SEL研究会第11回大会

●テーマ

「withコロナ時代におけるSEL(社会性と情動の学習)の新たな展開と課題」


●開催日時

開催日時:2021年3月7日(日)9:50-17:00

開催方式:Zoom等によるオンライン開催(ウェビナー+オンライン交流会)


●内容

★講演

「コロナ禍におけるSELの活用―あるアメリカ・カリフォルニア州公立学校の事例」

池田真依子(Integral Psychoeducational Services California, United States)

録画配信(質疑応答はリアルタイムを予定)


★シンポジウム

「レジリエンスを支える―困難な状況で自分を手放さないために」

シンポジスト

新井 陽子(BASIC Ph JAPAN)

平野 真理(東京家政大学)


★情報共有懇親会

このような情勢の中で,現場でどのようにSELを実践されているかを情報や経験を

シェアしあう企画を予定しています。


★研究発表(オンライン口頭発表)

発表抄録は日本SEL研究会HPに掲載します


●参加・発表について

参加費:会員1000円,非会員4000円,学生(大学院生)2000円

参加申込締切り:2月28日(日)

研究発表申込締切り:2月15日(月)


研究大会の詳細は下記ページをご参照ください。

随時,情報を更新していきます。

研究発表申込・参加者申込についても以下のページよりお願いいたします。

https://j-sel.org/guide/11th/

最新記事

すべて表示

一般社団法人 兵庫県公認心理師会 主催 心理検査を現場でどう活かすか シリーズ3 『神経心理学の視点で拡がる知能検査の解釈と実践』 [内容] 第1部:講 演 「神経心理学を活かした知能検査の解釈と実践」 花園大学社会福祉学部 小海 宏之 先生 第2部:検査事例の講師解説 話題提供① 「精神科臨床における成人のWAIS実施事例」 明石こころのホスピタル 高寄 誠 先生 話題提供② 「発達に課題を有す