• 兵庫県臨床心理士会

日本SEL研究会第11回大会

■日本SEL研究会第11回大会

●テーマ

「withコロナ時代におけるSEL(社会性と情動の学習)の新たな展開と課題」


●開催日時

開催日時:2021年3月7日(日)9:50-17:00

開催方式:Zoom等によるオンライン開催(ウェビナー+オンライン交流会)


●内容

★講演

「コロナ禍におけるSELの活用―あるアメリカ・カリフォルニア州公立学校の事例」

池田真依子(Integral Psychoeducational Services California, United States)

録画配信(質疑応答はリアルタイムを予定)


★シンポジウム

「レジリエンスを支える―困難な状況で自分を手放さないために」

シンポジスト

新井 陽子(BASIC Ph JAPAN)

平野 真理(東京家政大学)


★情報共有懇親会

このような情勢の中で,現場でどのようにSELを実践されているかを情報や経験を

シェアしあう企画を予定しています。


★研究発表(オンライン口頭発表)

発表抄録は日本SEL研究会HPに掲載します


●参加・発表について

参加費:会員1000円,非会員4000円,学生(大学院生)2000円

参加申込締切り:2月28日(日)

研究発表申込締切り:2月15日(月)


研究大会の詳細は下記ページをご参照ください。

随時,情報を更新していきます。

研究発表申込・参加者申込についても以下のページよりお願いいたします。

https://j-sel.org/guide/11th/

最新記事

すべて表示

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現

強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方

◆タイトル 強迫症および強迫スペクトラム障害への認知行動療法~アセスメントと課題の作り方~ ◆内容 重症な強迫症だけでなく、日常に潜む強迫的な行動の癖の治し方がテーマです。 強迫症の治療技法と思われている曝露反応妨害法、また抜毛やチックの治療はハビットリバーサルという固定観念をやぶって、その応用についてわかりやすく提示してもらいます。 応用を知ることで基本を学ぶのが楽しくなります。繰り返すうつ病や

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会

2021年度 第2回キンダーカウンセラー研修会 今年度2回目の研修では、「私立幼稚園の“現場教諭のリアル”と“経営者のリアル”を知ろう!」をテーマに、幼稚園教諭、私立幼稚園経営者を講師にお迎えし、お話しいただきます。KCの先生方の多数のご参加をお待ちしております。 <日時>2021年10月24日(日)13:30~16:30 <対象>県内在勤のキンダーカウンセラー <申し込み方法>※9月24日から受