top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

横浜高次脳機能障害診断法研修会 ―知能検査と神経心理学的検査の演習―

横浜高次脳機能障害診断法研修会 ―知能検査と神経心理学的検査の演習―

医療で心理士に求められる仕事の中心は知能検査と神経心理学的検査の施行です。 検査法を習得するには実際に器具を触りながらマニュアルを見て自習するしかありません。しかし, これらを学べる場はほとんどありません。 本研究所は 長らく高次脳機能障害診断法の研修会を開催しています(http://members2.na.coocan.jp/index.html)が,受講生の希望により昨年末から検査の演習のみから成る研修会を月1回開催しています。現在受講生は4名です。毎月受講生と筆者の都合で研修日を決めています。有資格者も無資格者も希望される方はどなたでも受講できます。 臨床心理士の方は資格更新ポイント2点を獲得できます。

<演習可能なテストの種類> WAIS-4,WISC-4,鈴木ビネーテスト,田中 Binet 5,Raven Standard Progressive Matrices,Raven Coloured Progressive Matrices,標準失語症検査,WAB,WMS-R,リバミード行動記憶検査,標準視知覚検査,標準注意検査法,標準意欲評価法,RAVLT(聴覚記憶検査),RCFT(複雑図形記憶検査),コグニスタット,Wisconsin Card Sorting Test,BADS(遂行機能障害症候群の行動評価),Frontal Assessment Battery(FAB/前頭葉機能評価) ほか <開催日> 月1回 休日 10 時~17 時 <会場>横浜高次脳機能診断法研究所 JR 根岸駅から徒歩数分 <定員> 10 名 <参加費> 10,000 円 <申し込み方法> 住所・氏名・所属・本研修会参加を希望する理由等簡単な自己紹介・どこで本研修会の情報を得たか, の情報を添えて以下の中野光子の E-Mail アドレスまでメールにてお申し込み下さい。 中野光子 E-Mail: m-naka27@jcom.home.ne.jp




2023 検査の演習チラシ 220428
.pdf
ダウンロード:PDF • 378KB

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comments


bottom of page