top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

犯罪心理鑑定研修初級講座

研修主催団体: 一般社団法人司法心理研究所

研修内容: 近年、裁判員裁判の導入により見直されつつある情状鑑定(犯罪心理鑑定)において、臨床心理士による役割が注目されています。

 しかし、こうした少年事件を含む重大な事件において犯罪心理鑑定をできる心理士はまだ少なく、犯罪心理鑑定における基本的な知識をはじめ、面接の進め方、心理検査の組み方(やり方)、鑑定書の書き方、法廷での証言に必要なパワーポイントの作成の仕方、尋問準備などを、学ぶ機会はなかなかありません。

 当研究所では、こうした社会のニーズに応えられる犯罪心理鑑定を出来る臨床心理士(公認心理師)を養成し、司法領域において心理士が専門家として活躍できる場を広げたいと考えています。

 本研修では、犯罪心理鑑定の基礎的な理論等を学ぶ初級講座となっております。ご興味のある方は是非、受講ください。


司法心理研究所_20240221_221431_0000
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.28MB

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

コメント


bottom of page