top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

現場で役立つSC養成セミナー2023 第1回 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー

研修主催団体: てだのふあカウンセリングルーム

研修内容: 現場で役立つSC養成セミナー2023第1回 統合的アンガーマネジメントonedayセミナー開催のお知らせ

● はじめに-名称について-

「統合的アンガーマネジメント」とは、従来のアンガーマネジメントに、「トラウマ」「愛着」「発達」の視点を加えたものになります。従来のアンガーマネジメントと区別するために講師がつくった呼称になります。

昨年度までは、「包括的アンガーマネジメント」と呼称していましたが、諸事情により名称変更を行うことにしました。

詳しくは当日のセミナーでお伝えします。

● 統合的アンガーマネジメントの骨子

 みなさんご存知のとおり、怒りの感情を理解し対処するうえで、トラウマ性憤怒を抜きにして、怒りについて理解し対応することはできません。また、感情調節の基盤となる愛着の視点を抜きにして語ることもできません。さらには、怒りの感情そのものは、決してネガティブなものではなく、抑え込むべきものでもなく、たとえば思春期という発達の過程においては「爆発すること」が重要であったり、いじめやハラスメントなどに出遭えば、むしろ怒ることが当然で大事であったりするわけです。要するに、怒りの感情への対処を考える時、個人の発達や背景だけでなく、その個人をとりまく環境や文脈も考慮することが重要だということです。

 従来のアンガーマネジメントは、認知行動療法にもとづくアンガーコントロールトレーニングです。そのため、怒りを抱えた個人が捉え方の幅を広げ、怒りをやわらげ、アサーティブに表現するということが主目的に位置づけられています。従来のアンガーマネジメントそのものは大事なスキルであるのですが、これが学校教育現場に取り入れられるとどういうリスクがあるか、みなさんは考えたことがあるでしょうか。

 学校教育では、ややもすると感情を抑圧する教育が行われがちです。家庭においても、「そんなことで泣くな」「怒るな」といった感情を抑圧する教育が行われがちです。そのような感情を抑圧する教育においては、従来のアンガーマネジメントはうってつけのスキルですよね。

 けれども、私たち心理師は、怒りの感情の大切さを知っています。強い怒りの感情の奥には、相応の悲しみや苦しみがあり、トラウマや愛着に関わる心の傷があります。 

 トラウマに起因するトラウマ性憤怒はとても強い怒りで、コントロールがむずかしいレベルのものです。トラウマ性憤怒に対する理解と対処は、認知変容にもとづく従来のアンガーマネジメントでは不十分です。

 また、怒りの感情を爆発させる子どもや大人のなかには、愛着が不十分なため、感情調節がうまくできないという方が少なくありません。

 これらのことからも容易に想像できるように、トラウマや愛着について目をむけず、単にアンガーマネジメントを教育現場にもちこむことは、子どもたちのトラウマや愛着に関わる心の傷を無視することにつながる恐れがあります。

 ですから、アンガーマネジメントを教育現場に持ち込む際には、トラウマや愛着、そして発達(知的能力や発達特性、家庭などの環境要因等)の視点をセットにして導入することがとても大切です。

 

● セミナー内容 研修:7時間+休憩:1時間=計8時間

1.従来のアンガーマネジメント(4時間30分)

従来のアンガーマネジメントの内容について、ワーク型、体験型の形式で学んでいただきます。

2.統合的アンガーマネジメント(1時間)

怒りの感情との関連で、「愛着」「トラウマ」「発達」について、身体志向セラピーの知見、ポリヴェーガル理論等についてお伝えします。

3.アンガーマネジメント実践紹介(1時間30分)

児童生徒への授業(心理教育プログラム)、教員研修、一次支援と個別臨床への応用

●こんな方におススメです。

・アンガーマネジメントについてはきいたことはあるが、トラウマや愛着についてあまり詳しくない方 ※愛着やトラウマの心理療法に詳しい方には、物足りない内容かもしれません。

・スクールカウンセラーとして勤務しているが、授業や教員研修に自信がなく、困っている方 

※授業はSCの仕事として明記されていることなので、できるようになる必要があります。逃げてばかりではいられません。

・学校などの現場で、具体的な対応を提案するスキル、心理教育のスキルを向上したい方。

● セミナーの概要

セミナータイトル:現場で役立つSC養成セミナー2023 第1回

統合的アンガーマネジメントonedayセミナー

日時:2023年10月9日(月、祝)

時間:10時~18時 うち休憩1時間

   ※開場は9時40分~となります。

場所:大阪市北区浪花町14-33 OMビル 2F 会議室

形式:対面研修

参加費用:10.000円 ※当日会場にてお支払いください。

     ※領収証はお名前で発行いたします。ご了承ください。

参加対象者:臨床心理士もしくは公認心理師 ※SC以外の方も参加可能です。

定員:20名

申込方法:メール本文に「セミナータイトル」「名前」「連絡先」「SC経験の有無と経験年数」「所属」「加入臨床心理士会 or 公認心理師協会名」を記載し、inquiry@youji.kawazumi.jp宛てにメールをお送りください。

※本セミナーは臨床心理士研修ポイント(2P)申請予定ですが、臨床心理士の参加人数によって、申請が通らない場合もあります。ご了承ください。

※マスク着用については、個人の判断にお任せします。講師はマスクを着用せずに講義します。体調不良がある場合は、参加をお控えください。

※コロナの感染状況により、セミナーを中止させていただく場合がございます。ご了承ください。

※メールが届かない場合があるようです。お申込みから2日たっても、当カウンセリングルームから返信がない場合は、お手数ですが、当カウンセリングルーム(080-2295-6383)までお問合せください。その際、迷惑電話対策のため、留守電に用件のメッセージをお残しくださるよう、お願いします。

●セミナーの詳細や更新情報については、下記のwebページでご参照ください。

てだのふあカウンセリングルーム

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page