• 兵庫県臨床心理士会

産業メンタルヘルス通年セミナー第1回「産業領域での【見立て】を学ぶ ~EAPアセスメント~」

産業メンタルヘルス通年セミナー

第1回「産業領域での【見立て】を学ぶ ~EAPアセスメント~」

動画視聴の「知識編」+双方向で参加の「実践編」

オンラインセミナー(ZOOM)

◆セミナー概要

働く人の「見立て(EAPアセスメント)」を学ぶ回です。

働く人の初回面接では、どこに着目して、どのように見立てるのか、

職場での精神症状の影響をどのようにアセスメントするのか、などを学びます。

産業領域での実践経験豊富で、国際的なEAP資格(CEAP)を持つ近藤雅子が講師をつとめます。

◆参加/視聴方法

事前学習として【知識編】の動画を視聴し、学んだことを【実践編】で参加者と共有して、スキルの習得を目指します!

【知識編】の動画のみの購入も可能です。

★【知識編】公開録画後、動画配信

◆日程 5月14日(土)15:00~17:30(2.5時間)カメラオフ可

動画販売期間 5/16(月)~7/31(日)

 

★【実践編】ライブ参加のみ(録画なし)

◆日程 5月28日(土)15:00~17:30(2.5時間)

・【知識編】の視聴者のみ対象です。

・「知識編」を元に、実際のアセスメントの場面をロールプレイで体験したり、グループワークを行います。

  (サポーティブなグループワークです。)

・終了後「オンライン質問会&交流会(約1時間)無料希望者のみ」を開催します。

◆講師:「知識編」「実践編」担当 

近藤 雅子(こんどう まさこ)

(合同会社労務トラスト EAPコンサルティング部部長)

臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP

東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

元厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント

国際医療福祉大学大学院 非常勤講師

◆参加対象者

臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・保健師・看護師・医師・産業カウンセラー・大学院生などの守秘義務のある有資格者

*【知識編+実践編】ご参加の方は、日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定。

◆参加費:

【知識編+実践編】一般13,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000円

【知識編のみ】  一般 6,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

【実践編のみ】  一般 7,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

◆Mリストとは(Mリスト会員割引あり)

医療専門職限定のこころのお医者さん口コミサイト(現在、年会費無料)です。

【産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト】をご覧ください

◆セミナーの事前説明動画(視聴者特典あり!)

https://20220416seminor-orientation.peatix.com

◆お申込み

https://202205kyouiku.peatix.com

◆詳細

【産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト】

https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

◆お問合せ

合同会社労務トラスト 専門職セミナー事務局

part2-info@mind-inc.jp


5月セミナーご案内₋2022年度【産業メンタルヘルス通年セミナー】
.pdf
Download PDF • 305KB

最新記事

すべて表示

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所 2022年度KIPP対人関係精神分析セミナー 「精神分析的心理療法のこれから-継承と発展−」 1920年代後半から1930年代にかけて日本の精神分析運動が大きな盛り上がりをみせました。その後も多くの精神分析家がさまざまな理論を日本に紹介し、私たちの礎となっています。およそ百年経った今、私たちは先達から何を継承し、どのように精神分析を発展させて

研修主催団体: 母子愛育会 愛育相談所 【タイトル】 恩賜財団母子愛育会 愛育相談所オンライン研修セミナー動画再配信 【主催】母子愛育会 愛育相談所 【開催日時】動画配信:2022 .8.1 (月)~8.31 (水) 【会場】オンライン 【対象】対象者:心理士、小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大

「心理学英語」読み取り塾PART2 深く、素早く、正確に I found myself finishing reading an English book in a week. 前回学んだ読み取りのコツ(例) 例1 単語は翻訳で覚えてはいけない。概念を体感して覚える。それは英英辞典でも学べないこと。 例2 群動詞(”feel for”など)は熟語として覚えるだけでは不十分。forが生み出す距