top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

産業メンタルヘルス通年セミナー第5回「職場復帰支援の勘どころ」

産業メンタルヘルス通年セミナー

第5回「職場復帰支援の勘どころ」

◆セミナー概要

コロナ禍の時代、多様な働き方が拡大し、テレワークもめずらしくありません。

こうした状況下において職場関係者を悩ましているのが、障害のあるなしにかかわらず、労働者のメンタルヘルス対策です。

「知識編」:職場でのメンタルヘルス管理の原則、復職判定の実際、障害者雇用の留意点などについて言及いたします。

「実践編」:「職場復帰支援5つのステップ」において心理職が効果的に介入するポイントや、職場復帰によくあるトラブルをお伝えします。

また「復職準備性確認のための面接」をどのように行うのか、「生活記録表」を元に体験していただきます。

◆参加/視聴方法

「知識編」+「実践編」で開催

★【知識編】動画視聴:お申込み時~2024年3月31日まで(繰り返し視聴可能)

★【実践編】オンライン・ライブ参加のみ 9月10日(日)9:30~12:00 今回のみ日曜日午前中開催です!ご注意ください。  

・【知識編】視聴者のみ対象

・「知識編」を元に、実際のアセスメントの場面をロールプレイで体験したり、グループワークを行います。(サポーティブなグループワークです。)

◆講師:

「知識編」: 大西 守先生(おおにし まもる)

【現職】

公益社団法人 日本精神保健福祉連盟 常務理事

合同会社労務トラスト 顧問

【学会・委員会活動】

日本外来精神医療学会 理事長  

日本精神衛生学会 常任理事

日本産業精神保健学会 理事  

日本社会精神医学会 理事

日本精神科産業医協会 理事

【資格】  

医学博士、精神保健指定医 

日本医師会認定産業医  

日本心身医学会認定医・評議員

【実践編】

近藤 雅子(こんどう まさこ)

・合同会社労務トラスト EAPコンサルティング部部長

・臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP

・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

・元厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント

・介護離職防止対策アドバイザー

◆参加対象者

対人支援職(福祉/教育/心理等)や当該領域を学ぶ大学院生で守秘義務が守れる方

*【知識編+実践編】臨床心理士更新のためのポイントを申請予定。 

◆参加費:

【知識編】  Mリスト会員3,800円 /一般4,500円

【実践編】  Mリスト会員5,000円 /一般5,500円

【知識編+実践編】Mリスト会員8,800円 /一般10,000円

◆Mリストとは(Mリスト会員割引あり)

医療専門職限定のこころのお医者さん口コミサイト(現在、年会費無料)です。

【産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト】をご覧ください

◆お申込み

◆詳細

【産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト】

◆お問合せ

合同会社労務トラスト 専門職セミナー事務局

part2-info@mind-inc.jp



★9月研修会ご案内₋職場復帰支援の勘所
.pdf
Download PDF • 512KB

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page