• 兵庫県臨床心理士会

産業保健職向け 労働法セミナー

◆産業保健職向け 労働法セミナー

◆セミナー概要 長時間労働によってうつ病等が発症した労働者については、労働基準法をはじめとする労働法の規制により企業は慎重な対応が求められます。 知識編は「長時間労働⇒休職⇒復職・退職」という流れの中での法規制の内容、労務リスクそして対応方法を社会保険労務士が分かりやすく解説いたします。  実践編は、臨床心理士が講師で、ある休職事例について検討いたします。職場復帰のフォローアップ期間をいつまで設けるのか、フレックス制度を利用していいのかなどよくある質問に回答し、勤怠管理のコツについて、お伝えします。

◆参加/視聴方法 オンラインセミナー(ZOOM):事前学習として【知識編】の動画を視聴し、学んだことを【実践編】で参加者と共有してスキルの習得を目指します!【知識編】の動画のみの購入も可能です。


★【知識編】

当日参加/動画視聴 10月8日(土)15:00~17:30 

動画販売期間 12/31まで(*1/7まで視聴可)


★【実践編】

当日参加のみ(動画視聴なし)10月22日(土)15:00~17:30 知識編の視聴者のみ対象

◆講師 ,

【知識編】 村上 剛久(むらかみ たかひさ)

・合同会社労務トラスト 代表

・社会保険労務士法人 迫田・村上リーゼンバーグ 代表社員

・特定社会保険労務士/メンタルヘルス法務主任者

・(独)労働者健康安全機構 東京産業保健総合支援センターメンタルヘルス対策促進員

【実戦編】 近藤 雅子(こんどう まさこ) (合同会社労務トラスト EAPコンサルティング部部長) ・臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP ・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員 ・元厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント ・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師

◆参加対象者 臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・保健師・看護師・医師・産業カウンセラー・大学院生などの守秘義務のある有資格者

*【知識編+実践編】ご参加の方は、日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定。

◆参加費:

【知識編+実践編】 一般13,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000円

【知識編のみ】  一般 6,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

【実践編のみ】  一般 7,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

◆お申込み https://202210kyouiku.peatix.com

◆詳細 https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

◆お問合せ part2-info@mind-inc.jp



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒