top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8%ほどとされていますが、現状では配慮が実施されている例はわずかです。しかしながら近年L Dへの理解が確実に広がってきていること、コロナ禍によるG I G Aスクール構想(P C1人1台化)が前倒しで進んでいることから、今後通常の学級におけるL D配慮の拡大が予想されます。読み書き困難を可視化する検査への急激なニーズの高まりに備え、その検査法を習得しませんか。 ※実践的な内容の講習であるため、心理分野の大学院レベルの講義になります。 ※本講習を修了され、弊社指定の資格をお持ちでご希望のある方は、弊社H Pにてご所属・お名前等を掲載させていただきます。

※日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定です。 ※S.E.N.S更新ポイント申請中です。

【宇野彰直伝!!目からウロコの読み書き障害】

■参加費:5,000円 ■日程:11月7日(日)13:30~15:00

■お申込み:http://ptix.at/IRTi6A ■開催方法:リアル&オンライン開催(Zoomによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細

臨床の現場の豊富な経験から「学習障害」の最前線を学ぶ 読み書き困難は、知的発達に遅れがないのに「読む」ことや「書く」ことに苦手さを抱える状態を指します。8%ほどの発生率があると言われていますが、保護者も先生方も困難の状態に気がついていない場合が少なくありません。本講座では、読み書きの発達障害研究の最前線で活躍し、STRAW-Rの開発者でもある宇野彰先生から、「読み書き障害」について直に教わります。 言語聴覚士でもあり、発達性読み書き障害や特異的言語障害があるお子さんを対象とした、知能検査や認知検査にも携わる宇野先生がその実際を語ります。

最新記事

すべて表示

全ての支援者に知ってほしい 「心理職のためのプライマリートラウマケア(入門編)」 〜トラウマの非専門家にも、トラウマセラピストがセラピーを安全に進めるためにも〜 日時:2023年2月23日(祝) 11時〜17時(昼休憩1時間あり) 場所:オンライン(ZOOM) 講師:浅井伸彦(国際心理支援協会) 定員:CPポイント対象(5時間)、20名程度(抽選申込み。抽選結果は2/14にメールにてお知らせします

①録画視聴「初学者向けSCセミナー~学校では教えないSC業務のコツをわかりやすくまとめてみました~」(2022年8月28日(日)開催) SC経験が少ない初学者の方や、これからSCをしてみようと考えている方はもちろん、 基本を確認したいSC中級者にもお勧めのセミナーです。 ②2023年3月より開催「田多井先生のスクールカウンセリング超実践道場2023~どうしたらいいの?が分かる!解決力が身につく!」

bottom of page