• 兵庫県臨床心理士会

第1回学校安全推進センター・シンポジウム

第1回学校安全推進センター・シンポジウム ~トラウマインフォームドケアの理論と実践~

日本でもトラウマインフォームドケアという言葉が、見聞きされるようになってきました。

今回のシンポジウムでは、あらためてトラウマインフォームドケアという概念や理論を確認し、福祉や教育領域での実践を発表して頂きながら、トラウマインフォームドケアの普及の可能性を探っていこうと思います。


今回は、ZOOMでのオンライン開催です。

2021シンポジウム1
.pdf
Download PDF • 2.09MB

日時:令和3年3月7日(日)10:00~13:00

教育講演:トラウマインフォームドケア~日本での普及の可能性について~ 兵庫県こころのケアセンター副センター長・大阪教育大学客員教授 亀岡智美

講演1:福祉施設でのトラウマインフォームドケアの実践 大阪大学大学院人間科学研究科准教授 野坂祐子

講演2:学校でのトラウマインフォームドケアの実践 大阪教育大学総合教育系教育心理科学部門准教授 岩切昌宏

パネル:トラウマインフォームドケアの普及に向けて ディスカッション 亀岡智美、野坂祐子、岩切昌宏

対象者:心理、福祉、教育、医療など精神保健領域でトラウマ臨床に関心がある方100名まで 会場ZOOMでの開催 (Eメールで、シンポジウムのZOOMのURLなどをお知らせします) 参加費無料 申込方法E-mailでnmscinfo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp宛に、①氏名②所属③役職 ④連絡先、そして「シンポジウム参加希望」と書いてお申し込み下さい (3月1日締切) ※本年度は、臨床心理士ワークショップのポイントを申請しませんので、ご注意ください。

※詳細は、PDF参照ください。

最新記事

すべて表示

精神分析臨床セミナー

2021年度精神分析臨床セミナー「基礎理論を学ぶ」 2021年度より、『精神分析臨床セミナー:基礎理論を学ぶ』(Ⅰ‐ⅰ)を開講します。本セミナーは3年間で精神分析の基礎理論を概観することを目的としています。 まず、初年度である本年度は、フロイトが創案した精神分析の初期の業績から、大枠その直系の精神分析に関して論じます。初回は精神分析を学ぶ意義などその歴史や学び方について、精神分析の全貌の見取り図を

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

© 2021 兵庫県臨床心理士会