top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第10回日本ユング心理学会研修会

研修主催団体: 日本ユング心理学会

研修内容: <開催要領>

第10回 日本ユング心理学会(JAJP)研修会


◆日時:2023年9月10日(日)12:00-16:45

◆会場:オンサイト/京都テルサ(京都市南区東九条下殿田町 70 番地)

    オンライン/Zoom

◆研修内容:以下の6分科会を行います。


(1)セッションⅠ(12:00-14:15)

〈事例検討1〉 河合 俊雄 (京都こころ研究所)

「通常の心理療法における単発でのイメージ表現の意味」

〈事例検討 2〉 北口 雄一 (北口分析プラクシス)

「医師と見解が違うとき」

〈基礎1〉   豊田 園子 (豊田分析プラクシス)

「心理療法で夢をきくこと」


(2)セッションⅡ(14:30-16:45) 

〈事例検討3〉 前川 美行 (東洋英和女学院大学)

「存在の支えにより生まれるイメージと言葉」

〈事例検討4〉 桑原 知子 (放送大学)

「学校現場でおこっていること──教師の傷つき、スクールカウンセラーの無力感」

〈基礎2〉   田中 康裕 (京都大学大学院教育学研究科)

「ユング派心理療法において何が癒すのか?」



詳細は「研修会案内」をご覧ください。

http://www.jajp-jung.info/images/workshop_10th_guide.pdf


◆参加費:学会員 4,000円 非会員 7,000円 大学院生(非会員) 5,000円

◆定員:300名

◆申込方法:参加申込フォームで受付いたします。(申込締切8月31日)

https://www.shingensha.com/jajp-jung/mkform/acc.cgi?id=168853793296459


ぜひご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



<お問い合わせ>

日本ユング心理学会(JAJP)事務局

〒541-0047大阪市中央区淡路町4-3-6新元社内

e-mail: office@jajp-jung.info

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page