• 兵庫県臨床心理士会

第2回若手事例検討会|小学校で行動が気になる児童へのスクールカウンセラー

テーマ :第2回若手事例検討会|小学校で行動が気になる児童へのスクールカウンセラーとしての対応 開催期間:2022年04月10日(日) 〜2022年05月01日(日) 講師  :竹田 希美子さん 料金  :3,500円(税込) お申込み:https://jsupe-moss-seminar-220410.peatix.com ※ チケット販売は2022年04月02日 (土) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ▼ 研修内容の詳細はこちら https://jsupe-moss-seminar-220410.peatix.com ▼ 動画|第2回若手事例検討会のお申し込みページ(Peatix)の読み方について|8分07秒 https://www.youtube.com/watch?v=YVdPYkLUUHs <実施内容> オンラインセミナー+1ヶ月限定コミュニティ オンライン完結の1ヶ月限定コミュニティ(Slackを使用) ホームワークの提出(Googleフォームを使用) 若手事例検討会の実施(Zoomを使用) 講師による事例解説(Zoomを使用、見逃し配信あり)

<目的>  スクールカウンセラーは学校現場において心の専門家としての役割を期待され、問題への対応をその場で求められます。しかし一人職場に置かれていることが多いことから、経験が浅いうちは適切な判断に迷うことも多々あるでしょう。  事例に対して①さまざまな背景を考えながら幅広く見立てを行い、②それぞれの見立てに沿った具体的な支援を考える、という体験から柔軟な対応の姿勢を学ぶことを目指します。  スクールカウンセラーの職務内容は校種によって異なりますし、また地域によって利用できる地域資源もさまざまです。今回は小学校の架空事例を用いて、校内・校外の資源を利用した具体的な支援方法を考えます。スクールカウンセラーの職務全般についても触れたいと思います。 ▼ 研修内容の詳細はこちら https://jsupe-moss-seminar-220410.peatix.com ■ J-Supe!(ジェイ・スープ)について 「心理職同士がつながり、支え、支えられる環境に。」を目標として、スーパービジョン検索等のサービスを提供しているWebシステムです。 本企画は若手心理職の方とスーパーバイザーの「つながり」を作る機会づくりとして、心理職支援団体MOSSさんと共同企画させていただきました。 今回、講師担当の竹田先生もスーパーバイザーとしてご登録されています。この機会にご興味を持っていただけますと幸いです。 公式Twitter|https://twitter.com/supe_j サイトURL|https://j-supe.com/ ■ 主催 MOSS(モス)について 心理職(公認心理師・臨床心理士)の支援を目的とした団体です。 公式Twitter|https://twitter.com/MOSS_compassion 公式note|https://note.com/moss_life/ 公式Notion|https://moss-official.notion.site/MOSS-f5047f5091354167a4d0f0567e976ca4 <主なサービス> ・心理職向け教育サービス『MOSS アカデミー』の企画、運営 ・公認心理師資格試験の過去問webアプリ『MOSS スタディ』の運営 ・心理職専門のHP制作、イラスト制作、動画制作

最新記事

すべて表示

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所 2022年度KIPP対人関係精神分析セミナー 「精神分析的心理療法のこれから-継承と発展−」 1920年代後半から1930年代にかけて日本の精神分析運動が大きな盛り上がりをみせました。その後も多くの精神分析家がさまざまな理論を日本に紹介し、私たちの礎となっています。およそ百年経った今、私たちは先達から何を継承し、どのように精神分析を発展させて

研修主催団体: 母子愛育会 愛育相談所 【タイトル】 恩賜財団母子愛育会 愛育相談所オンライン研修セミナー動画再配信 【主催】母子愛育会 愛育相談所 【開催日時】動画配信:2022 .8.1 (月)~8.31 (水) 【会場】オンライン 【対象】対象者:心理士、小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大

「心理学英語」読み取り塾PART2 深く、素早く、正確に I found myself finishing reading an English book in a week. 前回学んだ読み取りのコツ(例) 例1 単語は翻訳で覚えてはいけない。概念を体感して覚える。それは英英辞典でも学べないこと。 例2 群動詞(”feel for”など)は熟語として覚えるだけでは不十分。forが生み出す距