• 兵庫県臨床心理士会

第2回 心理支援研修会

第2回 心理支援研修会 ▼【紹介動画】第2回 心理支援研修会|6分23秒 https://www.youtube.com/watch?v=nyyBklmY98g ┌─┐ │1│ 概要 └───────────────────────── テーマ :ロールプレイで学ぶカウンセリング技法[応用編] 開催期間:2022年04月29日(金) 〜2022年05月27日(金) 講師  :小山 拓哉さん 料金  :4,500円~5,500円(税込) お申込み:https://moss-seminar-220429.peatix.com/ ※ チケット販売は2022年04月21日 (木) 23:55に終了します ┌─┐ │2│ 実施方法 └───────────────────────── オンラインセミナー+1ヶ月限定コミュニティ ・オンライン完結の1ヶ月限定コミュニティ(Slackを使用) ・事前学習動画(合計60分) ・講師と参加者との実演ロールプレイ(見逃し配信あり) ・合計4回の参加者間でのロールプレイ演習(90分×4回) ▼ 研修内容の詳細(シラバス)はこちら https://moss-seminar-220429.peatix.com/ ┌─┐ │3│ 目的 └─────────────────────────  公認心理師や臨床心理士といった資格を取る過程の中で、カウンセリング技法についての知識を学ばなかった人はいないでしょう。「カウンセリングがしたい」と思ってこの業界に飛び込んだ人も少なくはないと想像します。しかし、学んだ知識を活かす機会になかなか恵まれなかったり、機会はあってもそれを練習する時間のないまま現場に出ているという現状も稀ではありません。  今回の研修会では、皆様がこれまでに学んだ知識を元に「どう使うのか?」だけではなく「どのような場合に使うのか?」など、根拠をもって駆使できるようになることを目標とした訓練をしていきます。  訓練の具体的な方法はロールプレイを採用します。ロールプレイ訓練ではカウンセラー役、クライエント役、オブザーバーに分かれていただき、それぞれの役割を担ってもらうことで様々な視点から気付きを得てもらえるような工夫をしています。なお、ロールプレイへの参加は必須ではありません。しかしながら、実際に体験することの経験値は、ただの座学や観察学習の比較にならないほど大きいものですので、極力参加することをお勧めします。 ▼ 研修内容の詳細(シラバス)はこちら https://moss-seminar-220429.peatix.com/ ■ 主催 MOSS(モス)について 心理職(公認心理師・臨床心理士)の支援を目的とした団体です。 公式Twitter(https://twitter.com/MOSS_compassion) 公式note(https://note.com/moss_life/) 公式Notion(https://moss-official.notion.site/MOSS-f5047f5091354167a4d0f0567e976ca4) <主なサービス> ・心理職向け研修サービス『MOSS アカデミー』の企画、運営 ・公認心理師資格試験の過去問webアプリ『MOSS スタディ』の運営 ・心理職専門のHP制作、イラスト制作、動画制作、イベント支援

ーーーーーーーー

【シラバス】第2回 心理支援研修会_ロールプレイで学ぶカウンセリング技法[応用編]
.pdf
Download PDF • 201KB

最新記事

すべて表示

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所 2022年度KIPP対人関係精神分析セミナー 「精神分析的心理療法のこれから-継承と発展−」 1920年代後半から1930年代にかけて日本の精神分析運動が大きな盛り上がりをみせました。その後も多くの精神分析家がさまざまな理論を日本に紹介し、私たちの礎となっています。およそ百年経った今、私たちは先達から何を継承し、どのように精神分析を発展させて

研修主催団体: 母子愛育会 愛育相談所 【タイトル】 恩賜財団母子愛育会 愛育相談所オンライン研修セミナー動画再配信 【主催】母子愛育会 愛育相談所 【開催日時】動画配信:2022 .8.1 (月)~8.31 (水) 【会場】オンライン 【対象】対象者:心理士、小・中学校・幼稚園教職員、養護教諭、看護師、保健師、福祉士、保育士、支援員など子どもに関わる専門職の方。また、上記資格取得を目指している大

「心理学英語」読み取り塾PART2 深く、素早く、正確に I found myself finishing reading an English book in a week. 前回学んだ読み取りのコツ(例) 例1 単語は翻訳で覚えてはいけない。概念を体感して覚える。それは英英辞典でも学べないこと。 例2 群動詞(”feel for”など)は熟語として覚えるだけでは不十分。forが生み出す距