• 兵庫県臨床心理士会

第12回集団認知行動療法研究会学術総会(リモート開催)

第12回集団認知行動療法研究会学術総会(リモート開催) <テーマ>集団認知行動療法(CBGT)とジェンダー ~グループでの「役割」を考える~ <開催日時>2021年12月5日(日) 9:00~16:30       Zoomによるリモート開催となります <参加資格>当会会員 ※入会の手続きもホームページにて承っております <参加費> 4,000円 <申込方法> 当会ホームページよりお申込みください http://cbgt.org 【プログラム】 ■特別講演「アサーション・トレーニングの展開とその意義」  演者:平木 典子(IPI統合的心理療法研究所) ■ワークショップ「変容する治療者~「自分らしい」CBGTリーダーになるために」  演者:草岡 章大(北海道大学大学院/北大通こころのクリニック) ■ランチョンセミナー ■シンポジウム「さまざまな領域でのCBGTとジェンダー」  演者:大黒 剛(Jake Style心理相談所)     石丸 径一郎(お茶の水女子大学) ※学術総会は日本精神神経学会専門医単位、日本臨床心理士資格認定協会ポイント対象です

総会チラシ2021
.pdf
Download PDF • 1.45MB

最新記事

すべて表示

ソマティック・エクスペリエンシング・SE™トラウマ療法 2023年SE™福島 SE™プラクティショナー養成コースのご案内 2023年より、SE™がさらに学びやすくなります! SE™は、米国のピーター・ラヴィーン博士によって開発されたトラウマ療法で、世界各国で実践されています。日本でも、臨床心理士、精神科医、ボディーワーカーなどの方たちを中心にしてこれまで12期(約540名)が学んでいます。SE™で

アーカイブ視聴「不安症へのエクスポージャー法」 ■概要 不安は誰もが経験する感情です。不安自体は生きていく上でなくてはならない大切な感情ですが、時に日常生活に支障を及ぼすほどの影響を及ぼすことがあります。社交不安、恐怖症、パニック症などさまざまな症状として出現します。 本セミナーでは、こうした不安症状ついての基本的な知識や治療技法についてまずは講義します。特に不安症にはエクスポージャー法が重要にな

例年、花園大学心理カウンセリングセンターでは公開講演会を実施してきました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンライン(オンデマンド)配信での実施となりましたが、今年度は対面形式に戻しての開催となります。 講演会の概要はチラシをご覧ください。 多数のお申し込みをお待ちしています。 花園大学心理カウンセリングセンター