top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第16回生活習慣病認知行動療法研究会 認知行動療法を臨床に活かす

臨床心理学、健康心理学がご専門であり、長らく当研究会の幹事をお務めされ、ご尽力いただきました同志社大学の佐藤豪先生が2021年7月18日にご逝去されました。

第16回の生活習慣病認知行動療法研究会は、佐藤先生を偲びあらゆる角度からの認知行動療法をご講演いただきます。

-----

第16回生活習慣病認知行動療法研究会 認知行動療法を臨床に活かす 

-佐藤豪先生を偲んで-

大会長:石原俊一(文教大学)

【日時】2022年1月9日(日)13:30-16:30

【場所】オンライン開催

【参加費】会員:無料 /非会員:2,000円

【第1部】13:50-15:05 「身体疾患における認知行動療法の応用」

【第2部】15:15-16:15 「多職種連携における認知行動療法の現状と今後の展望」

※詳細は、添付PDFをご参照ください

第16回案内
.pdf
ダウンロード:PDF • 347KB

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

תגובות


bottom of page