• 兵庫県臨床心理士会

第23回 CBTワークショップ~大人のADHDに対するCBT~

【第23回 CBTワークショップ~大人のADHDに対するCBT~のご案内】  

約束の日時を忘れてしまう、スケジュール管理が苦手である、ケアレスミスが多い、机の上が整理できない、などなど。このような困りごとを抱えているADHDの方は多いです。本ワークショップではADHDについて研究され、多数の本も執筆されている中島美鈴先生をお招きして、大人のADHDに対する認知行動療法についてご講義いただきます。事例の紹介やワークをとおして、ADHDに関わる困りごとへ適用できる技法を学んでいただければと思います。

日時:2021年12月1日~12月31日(予定) 約5時間

場所:オンライン (動画視聴できるURLをメールにてお送りしますので、それをクリックすればそれだけでご視聴できます。)

料金:10,000円(期間中、くり返しご覧になれます)

対象:保健・医療・福祉・教育・司法・産業の専門職(守秘義務のある方。大学院生も可)

講師:中島美鈴先生     公認心理師/臨床心理士     心理学博士     肥前精神医療センター臨床研究部

主催:長岡病院心理課

問い合わせ:  長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課  

TEL:(075) 951 – 9201(代表)  E-mail:nagaokashinri@gmail.com

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

お申し込み:https://forms.gle/gCa7QNx

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒