top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第40回日本青年期精神療法学会のお知らせ

更新日:2023年9月14日

第40回日本青年期精神療法学会のお知らせです。 第40回日本青年期精神療法学会を2023年11月25日(土曜日)〜26日(日曜日)に、神戸でお引き受けすることになりました。 是非、皆様のご参加、演題発表をお待ち申し上げます。 青年期の精神療法について、ひとつのひとつの演題に時間をかけて検討する会です。

今回は「こころをみる、関係を読む」をテーマに疾患特異的ではない精神療法についてシンポジウムを行います。 八木淳子先生 (岩手医科大学附属病院)、吉川徹先生(愛知県医療療育総合医療センター)、小林桜児先生 (神奈川県立精神医療センター)、吉村知穂先生 (兵庫医科大学病院)にシンポジストとしてご登壇いただく予定になっています。 また、崔炯仁先生(医療法人稲門会 いわくら病院)に教育講演をお願いしています。

テーマ:こころをみる、関係を読む〜こころのうぶ毛は守られているか〜 会期:2023年11月25日(土曜日)〜26日(日曜日) 会場:スペースアルファ三宮 中会議室 神戸市中央区三宮町1丁目9-1 三宮センタープラザ東館6階 下記リンクからご覧下さい。 https://jaap00040.wixsite.com/my-site

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page