• 兵庫県臨床心理士会

第5回ケーアイピーピーウェブセミナー

(2020年度最終回)

「対人関係論から見たオンライン心理支援の未来」 

【講師】 川畑 直人 京都文教大学臨床心理学部教授 臨床心理士・公認心理師・教育学博士・WAWI精神分析家・WAWI児童青年心理療法家 

【日時】 2020年11月29日(日)10:00-11:30 

【会場】 Zoomを用いたオンライン開催 

【内容】 最近翻訳されたサリヴァンの著書、『精神病理学私記』(阿部大樹・須貝秀平訳)の最終章に、パンデミック後の大恐慌に揺れるアメリカで、人類の福祉にはせる彼の思いが収録されている。偏見と差別から脱し、相互交流することが唯一の福祉への道であると考える彼が、通信手段の革新を肯定的に受け止めているくだりがあるのが印象的である。 求心性(centripetal force)の強い保守的な日本文化、そして日本の心理臨床風土において、オンラインを用いた心理支援は、よくて「やむなし」わるくて「外道」とみなされる。私自身も、オンラインの本格的な活用は、新型コロナ流行後のわずかな経験でしかないが、いくつかの可能性について着想はあった。 このセミナーでは、オンラインによるセラピー、スーパーヴィジョン、組織心理コンサルテーション、児童のグループセラピー、そしてボランティア相談活動の経験を報告し、オンライン心理支援の未来について考えてみたい。 

【対象】 心理職、教育職、福祉職、医療職などで、対人援助に携わっている方。 

【参加費】 2,000円 

【定員】 50名 

【申込方法】 以下URLの申込フォームよりお申し込みください。 

https://ws.formzu.net/fgen/S90640812/

ホームページからもお申し込みいただけます。

https://www.kipp-u.co.jp/webseminar.html

【申込締切】 2020年11月19日(木)

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

第11回 対談企画 「どうしたらうつ病・双極症から回復するの?」 ~心の病気のプロ達と当事者に聞くQ&A対談~

研修主催団体: 一般社団法人CBT研究所 【内容】 うつ病や双極性障害の質問を募集し、立場の異なる専門家(精神科医、当事者、心理師)がお答えします。 回答者たちはこれまで、服薬、心理療法、リハビリテーション、休職・復職などを効率的に進めていくために、様々な工夫をしてきました。 症状に困っている方、その周りの方々、治療にあたっている専門家の皆様、気軽に質問してみてください。改善のきっかけとなるかもし

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT