• 兵庫県臨床心理士会

第6回近畿周産期精神保健研究会開催のご案内

第6回近畿周産期精神保健研究会開催のご案内

この度、第6回近畿周産期精神保健研究会を2022年2月26日、27日にオンラインで開催させていただくことになりました。 今回のテーマは、コロナの影響で開催することが叶わなかった前回第5回のテーマを引き継ぐ形で、「改めて多職種で考えよう 母と子と家族の心に届く支援」といたしました。初日は、周産期こころのケア研修班の企画によるプレコングレスと、人工妊娠中絶に関するグリーフケアについて多職種でワールドカフェを行う予定にしています。2日目は、大阪大学大学院連合小児発達学研究科の谷池雅子教授に「早産児の発達障害と療育へのアプローチ」、認定NPO法人「こどもの里」の荘保共子理事長に「地域の中で、子どもたちと家族を支える」のご講演をお願いしています。一般演題とシンポジウム「母と子と家族を支える専門職の役割~育てにくさ・関わりにくさに向き合う~」も予定しています。 上記内容に関しては、ホームページにも掲載し、随時、情報を更新してまいります。 多くの周産期医療に携わる皆さまのご参加をお願いいたします。           記

会 期:2022年2月26日(土)10:00~16:30

    2022年2月27日(日)9:30~16:20

会 場:Web開催(ライブ配信)

会 長:遠藤 誠之 大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授

教育講演:谷池 雅子 先生 大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 教授

特別講演:荘保 共子 先生 認定NPO法人「こどもの里」理事長

参加費:5,000円

プログラム・参加申込はこちらからお願いいたします。

https://kspmh-osaka.peatix.com

参加受付締切

ワールドカフェ: 2022年2月19日(土)23:55

ワールドカフェ以外: 2022年2月26日(土)9:55

ただし、ワールドカフェは先着順で定員90名とさせていただきます。

(2022年1月15日12:00現在、残り15名となっております。)

定員に達した場合、締切日以前でもお申込みをお断りさせていただくことがございます。 あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

問い合わせ 第6回近畿周産期精神保健研究会事務局

email: kspmh_osaka@hus.osaka-u.ac.jp

近畿周産期精神保健研究会 研究会ホームページ: http://kspmh.net

第6回近畿周産期精神保健研究会 会長 遠藤 誠之

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒