top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第7回 対談企画 創立記念対談【臨床と研究の接点】

研修主催団体: 一般社団法人CBT研究所

【内容】 第一部『臨床と研究がお互い役立つためには?』

第二部『研究と臨床を両立させるには?』

【日時】 第一部 Live配信 2021年5月13日(木) 19:00-21:00

第二部 Live配信 2021年6月18日(金) 19:00-21:00


【対談者】

第一部 澤 幸祐 (専修大学人間科学部心理学科 教授)&西川公平(CBTセンター所長、一般社団法人CBT研究所)

司会 二瓶 正登(日本学術振興会特別研究員)

第二部 岩佐和典(大阪府立大学人間社会システム科学研究科 准教授)&西川公平(CBTセンター所長、一般社団法人CBT研究所)

司会 坂田昌嗣(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻  健康増進・行動学分野助教)

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家、基礎心理学、臨床心理学の研究者、大学院生

【参加費】無料

【会場】WEB

【主催】一般社団法人CBT研究所

【協賛】CBTセンター

【詳細・申込】https://cbtcenter.jp/event/?itemid=2688

【備考】臨床心理士ポイントを申請予定

【問い合わせ】research@cbtcenter.jp

最新記事

すべて表示

基礎から学ぶウェクスラー式知能・発達検査(WAIS、WISC) ――WAIS-III⇒IV、WISCIV⇒Vの改良点も踏まえて―― 概要:ウェクスラー式基礎検査について,さわったことも見たこともない人から、今まさに 学んでいる最中の人を対象とし、大まかな開発の歴史、知能とは何か、測定しているもの、 因子構造などの背景も踏まえつつ解説します。近年の WAIS-III(ウェイス・スリー)から IV(フ

bottom of page