• 兵庫県臨床心理士会

第72回こんぼ亭月例会『睡眠薬・抗不安薬 どうなる? どうする? ベンゾジアゼピン系の薬』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

第72回こんぼ亭月例会『睡眠薬・抗不安薬 どうなる? どうする? ベンゾジアゼピン系の薬』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

精神科の医療機関を利用している方の多くが睡眠薬や抗不安薬などのベンゾジアゼピン系の薬を服用しています。ベンゾジアゼピン系の薬は、長く服用することで、副作用が現れたり、身体依存ができ、やめるときに離脱症状が生じたりすることがあるため、精神科以外の科では、2018年にその使用に一定の制限がかけられるようになりました。5月のこんぼ亭では、ベンゾジアゼピン系の薬剤の問題に詳しく、厚生労働省の医療政策にもかかわった、吉村健佑先生に、ベンゾジアゼピン系の薬にはどのような問題があるのか、精神科領域での今後の使用について、また、現在使用している方はこれからどうしたらよいかについても、お話を伺います。

《こんな方はぜひご参加ください》

〇睡眠薬、抗不安薬を服用している方

〇ベンゾジアゼピン系薬剤の副作用や依存で困っている方

〇この問題に関心のある家族、支援者、医療関係者など

☆詳細はコンボのHPから

https://www.comhbo.net/?page_id=28777

☆案内チラシはこちらから

https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2021/02/comhbotei72onlline-flier.pdf

☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応):https://comhbotei72.peatix.com/

※申込締切: 4/28(水)

※当日参加はできませんのでご注意ください。

※開催後オンデマンド配信いたします。(参加申込された方のみの限定公開)

━━━━━━━━━━━━━━

【お客様】

〇吉村健佑(よしむら・けんすけ):精神科医。千葉大学病院・次世代医療構想センター センター長。元厚生労働省医系技官。千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局に参画。こびナビ(COV-Navi; https://covnavi.jp/)代表。

☆こんぼ亭「亭主」(ご案内役): 市来真彦(東京医科大学精神医学分野准教授)

━━━━━━━━━━━━━━

【日時】 2021年5月1日(土) 13:00~15:00 オンライン開催

【参加費】〇一般: 2500円〇コンボ賛助会員: 1500円〇グループ参加(3人まで): 6000円

━━━━━━━━━━━━━━

【お問合せ】認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係

〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F

TEL: 047-320-3870FAX: 047-320-3871

EMAIL: comhbotei@gmail.com

《こんぼ亭とは 》https://www.comhbo.net/?page_id=27760

最新記事

すべて表示

研修主催団体: 大阪彩都心理センター 心理臨床の現場で私たちは日々 アセスメント をしています。本研修は現場で直面するこの アセスメント に焦点を当てます。 講師には 英国タビストック・クリニック で学ばれた 仙道先生 をお招きし、“アセスメント・コンサルテーション” についての【講義】と【事例検討】を行います。 ◆2022年7月18日(月・祝) 10:00-16:30 ZOOMウェビナー ◆講師

┏┏┏────────────────────────────── ┏┏ アドラー心理学セミナー ┏ ┏ ~アドラー心理学の基本原則と見立て・介入のツボ~ ┏┏ ______________________________┏┏┏ アドラー心理学についてはベストセラー本となった『嫌われる勇気』を始め、書籍等でアドラー心理学の概要を知っている方は多いかと思います。しかし、実際の相談・支援現場でアドラー

兵庫県臨床心理士会 第58回研修会(第一報) ※お申込み方法は第二報でのお知らせとなります。しばらくお待ちください。 次回の兵庫県臨床心理士会 第58回研修会を下記の通り開催いたします。 今回のご案内は第一報としてお知らせします。 企画の全体が決定しましたら、第二報としてご案内させていただきます。 第二報のご案内時に参加申し込みについてもお知らせいたします。 日程:令和4年 7月 24日(日) 形