• 兵庫県臨床心理士会

第72回こんぼ亭月例会『睡眠薬・抗不安薬 どうなる? どうする? ベンゾジアゼピン系の薬』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

第72回こんぼ亭月例会『睡眠薬・抗不安薬 どうなる? どうする? ベンゾジアゼピン系の薬』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

精神科の医療機関を利用している方の多くが睡眠薬や抗不安薬などのベンゾジアゼピン系の薬を服用しています。ベンゾジアゼピン系の薬は、長く服用することで、副作用が現れたり、身体依存ができ、やめるときに離脱症状が生じたりすることがあるため、精神科以外の科では、2018年にその使用に一定の制限がかけられるようになりました。5月のこんぼ亭では、ベンゾジアゼピン系の薬剤の問題に詳しく、厚生労働省の医療政策にもかかわった、吉村健佑先生に、ベンゾジアゼピン系の薬にはどのような問題があるのか、精神科領域での今後の使用について、また、現在使用している方はこれからどうしたらよいかについても、お話を伺います。

《こんな方はぜひご参加ください》

〇睡眠薬、抗不安薬を服用している方

〇ベンゾジアゼピン系薬剤の副作用や依存で困っている方

〇この問題に関心のある家族、支援者、医療関係者など

☆詳細はコンボのHPから

https://www.comhbo.net/?page_id=28777

☆案内チラシはこちらから

https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2021/02/comhbotei72onlline-flier.pdf

☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応):https://comhbotei72.peatix.com/

※申込締切: 4/28(水)

※当日参加はできませんのでご注意ください。

※開催後オンデマンド配信いたします。(参加申込された方のみの限定公開)

━━━━━━━━━━━━━━

【お客様】

〇吉村健佑(よしむら・けんすけ):精神科医。千葉大学病院・次世代医療構想センター センター長。元厚生労働省医系技官。千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局に参画。こびナビ(COV-Navi; https://covnavi.jp/)代表。

☆こんぼ亭「亭主」(ご案内役): 市来真彦(東京医科大学精神医学分野准教授)

━━━━━━━━━━━━━━

【日時】 2021年5月1日(土) 13:00~15:00 オンライン開催

【参加費】〇一般: 2500円〇コンボ賛助会員: 1500円〇グループ参加(3人まで): 6000円

━━━━━━━━━━━━━━

【お問合せ】認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係

〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F

TEL: 047-320-3870FAX: 047-320-3871

EMAIL: comhbotei@gmail.com

《こんぼ亭とは 》https://www.comhbo.net/?page_id=27760

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT

東京大学「職域・地域架橋型-価値に基づく支援者育成」第4回公開シンポジウム

■TICPOC 価値に基づく支援者育成第4回公開シンポジウム 「当事者中心の時代の専門性」 講演者:安田菜津紀/熊谷晋一郎/國分功一郎/東畑開人/富樫公一(敬称略) ■東京大学 医学のダイバーシティ教育研究センター キックオフシンポジウム 「医療と医学における構成員の当事者性と専門性」 講演者:綾屋紗月/白澤麻弓/宮本有紀/熊谷晋一郎/星加良司/柳下祥(敬称略) 詳細はこちらをご覧ください。 ht