top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第74回こんぼ亭月例会『ラブというコミュニケーション~話を聴くって何だろう~

*●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

第74回こんぼ亭月例会『ラブというコミュニケーション~話を聴くって何だろう~』

2021年7月3日(土)●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

7月のこんぼ亭は、「話を聴く」がテーマです。 お客様は、精神科医に してミュージシャンの星野概念(ほしの・がいねん)さん、そして、作家・クリ エーターのいとうせいこうさんです。

━━━━━━━━━━━ *星野概念さんからのメッセージ* ━━━━━━━━━━━ 今度こんぼ亭で、作家のいとうせいこうさんとお話をする精神科医 の星野概念です。僕は診察の時もそうでない時も、話を聴くことを 大事にしたいと考えています。当然といえば当然のことですが…。 話を聴くといえば、傾聴という言葉があります。これについて、なん となく共通したイメージがあるような気がしていますが、よく向き合って みると、その姿はとてもあやふやで、つかみきれません。 2018年に、いとうさんと僕は、「ラブという薬」という対談本を出版し ました。思いつく色々なことについて、思いつくままに話し合う中で、 傾聴の話題にもなりました。本の中でいとうさんは、「傾聴は愛だと 思う」と言っています。それを聞いて、「は?」となりかけましたが、 今ではその意味がよく分かる気がしています。 話を聴き続ける、かかわり続ける --- ということは、僕にとって 簡単なことではありません。とても大切なことだし、一見簡単そう なのに一筋縄ではいかないのです。だから、このこんぼ亭で、 いとうせいこうさん、そして皆さんと一緒に「話を聴くって何だろう」 ということを考えてみたいのです。

━━━━━━━━━━━━━━ 《こんな方はぜひご参加ください》

〇傾聴・共感そして対話に関心がある 〇話をきちんと聴いてほしいと思ったことがある 〇話を聴いてくれないと言われたことがある 〇コミュニケーションのことをもっと知りたい ━━━━━━━━━━━━━━ ☆詳細はコンボのHPから

https://www.comhbo.net/?page_id=29316 ☆案内チラシはこちらから

https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2021/04/comhbotei74online-flier.pdf ☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)

https://comhbotei74.peatix.com/ ※申込締切: 6/30(水) (コンビニ支払いの場合は6/29(火)まで) ※当日参加はできませんのでご注意ください。 ※開催後オンデマンド配信いたします。(参加申込された方のみの限定公開)

━━━━━━━━━━━━━━ 【お客様】

〇いとうせいこう:作家・クリエーター* ウェブなど、あらゆるジャンルに渡る表現活動を行う。音楽家とし てもジャパニーズヒップホップの先駆者として活躍し、カルチャー シーン全体に影響を与えた。「ノーライフキング」、「解体屋外伝」 などの小説、「ボタニカル・ライフ」などの著作を発表。星野概念 氏との対談本「ラブという薬」「自由というサプリ」が話題に。2021 年には「福島モノローグ」を発表。今回育休中の合間を縫って、 こんぼ亭に出演! 〇星野概念(ほしの・がいねん):精神科医・ミュージシャン* 総合病院に勤務する精神科医。曖昧さや不安定さに向き合う仕事を愛 す。精神医学や心理学を少しでも身近に感じてもらうことを考えて いる。執筆も行い、雑誌「BRUTUS」や「CREA」、webでの連載も多 数。音楽活動は、コーラスグループ星野概念実験室、ユニットJOYZ、 タマ伸也氏(ポカスカジャン)とのユニット「肯定s」の他、口ロロ(クチ ロロ)のサポートギターなども。 ☆こんぼ亭「亭主」(ご案内役): 市来真彦(東京医科大学精神医学分野准教授) ━━━━━━━━━━━━━━ 【日時】2021年7月3日(土) 13:00~15:00 オンライン開催 【参加費】

〇一般: 2500円 〇コンボ賛助会員: 1500円 〇グループ参加(3人まで): 6000円 ━━━━━━━━━━━━━━ 【お問合せ】

認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係 〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871 EMAIL: comhbotei@gmail.com 《こんぼ亭とは 》

https://www.comhbo.net/?page_id=27760 《オンラインこんぼ亭に参加するには*》

https://www.comhbo.net/?page_id=25994 《よくある質問》

最新記事

すべて表示

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

2024年度第1回日本ユング心理学会オンライン事例検討セミナー

研修主催団体: 日本ユング心理学会 研修内容: 【2024年度第1回日本ユング心理学会(JAJP) オンライン事例検討セミナー】 日時:2024年8月18日(日)12:00~17:00 会場:オンライン(Zoom) 講師:河合 俊雄(京都こころ研究所)、田中 康裕(京都大学教育学研究科) テーマ:「心理療法場面における夢の扱い方」 事例発表:2名「夢分析」というはっきりした形でなくても、面接経過の

Commenti


bottom of page