• 兵庫県臨床心理士会

第77回こんぼ亭月例会『子どもから大人まで ADHDの診断と支援』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

第77回こんぼ亭月例会

『子どもから大人まで ADHDの診断と支援』

2022年2月19日(土)13:00~15:00

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

 2月のこんぼ亭では、発達障害のひとつである注意欠陥・多動症(ADHD:Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の診断と支援について、大人から子どもまで、広くお話いただきます。大人になってから、ADHDと診断される方も多いと聞きます。みなさまのご参加をお待ちしております。

━━━━━━━━━ 【お客様(講師)】 〇宇佐美政英(うさみ・まさひで):

国立国際医療研究センター国府台病院 児童精神科診療科長、

臨床研究相談室室長、心理指導室長 【講師からのメッセージ】 皆さんは、注意欠如・多動症(Attention Deficit Hyperactivity Disorder :

以下、ADHD)と聞いて、どのようなことを思い出すでしょうか。  私は「あばれはっちゃく」シリーズですね。「あばれはっちゃく」とは、児童文学者、山中恒の連載を元にして、1979年から1985年に放映されていたテレビドラマです。主人公の「あばれはっちゃく」こと長太郎がADHDだとはどこにも書かれていませんが、義理人情に熱く、ドジでちょっとおっちょこちょいなところ(今で言う多動・衝動、不注意症状でしょうか)があり、決して憎めない少年です。  あの頃に彼をADHDに当てはめて考えることはなかったと思いますが、今やADHDの児童期の有病率は約5%とされており、子どものメンタルヘルスにおいて最もポピュラーな精神疾患です。  今回の「こんぼ亭」では、愛すべき子どもたちであることが多いADHDについて、薬物療法の是非やペアレントトレーニング、家族や教育へのサポートも含めて、その診断と支援について大人から子どもまで広く話していきたいと思います。(宇佐美政英) ━━━━━━━━━━━━━━ 《 下記のようなことに関心のある方はぜひ! 》 〇 ADHD・薬物療法の是非 〇 ペアレントトレーニング 〇 家族や教育へのサポート ━━━━━━━━━━━━━━ ☆詳細はコンボのHPから https://www.comhbo.net/?page_id=31322 ☆案内チラシはこちらから https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2021/12/comhbotei77fliers.pdf ━━━━━━━━━━━━━━ ☆こんぼ亭「亭主」(ご案内役): 

市来真彦(東京医科大学精神医学分野准教授) ━━━━━━━━━━━━━━ 【日時】 2022年2月19日(土) 13:00~15:00 オンライン開催    【参加費】  〇一般: 2500円 〇コンボ賛助会員: 1500円 〇グループ参加(3人まで): 6000円 【お申込】  ☆ウェブ申込(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)  https://comhbotei77.peatix.com/ ※申込締切: 2022/2/16(水) (コンビニ支払いの場合は

2/16(水)までにお支払い手続を完了する必要があります。) ※当日参加はできませんのでご注意ください。 ※開催後オンデマンド配信いたします。(参加申込された方のみの限定公開) ━━━━━━━━━━━━━━ 【お問合せ】  認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係 〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871 EMAIL: comhbotei@gmail.com

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒