top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

第8回 日本ユング心理学会(JAJP)研修会

◆日時:2021年9月5日(日)12:00-16:45

◆会場:オンサイト/京都リサーチパーク(京都市下京区中堂寺南町134)

   オンライン/ZOOM

◆研修内容:以下の6分科会を行います。

(1)セッションⅠ(12:00-14:15)

〈事例検討1〉 河合 俊雄(京都大学こころの未来研究センター)「心理療法における夢の報告」

〈事例検討2〉 田熊 友紀子 (代官山心理・分析オフィス) 「生と死の境界点での心理臨床」

〈基礎1〉   北口 雄一 (北口分析プラクシス)「ユング心理学から、「コントロール」を考える」

(2)セッションⅡ(14:30-16:45) 

〈事例検討3〉 岩宮 恵子(島根大学人間科学部) 「思春期危機からの回復と終結」

〈事例検討4〉 桑原 知子 (放送大学)「教育現場における「連携」と「葛藤」」

〈基礎2〉   田中 康裕 (京都大学大学院教育学研究科)   「子どもの心理から大人の心理への移行について」


詳細は「研修会案内」をご覧ください。

http://www.jajp-jung.info/images/workshop_8th_guide.pdf

◆参加費:学会員 4,000円 非会員 7,000円 大学院生(非会員) 5,000円

◆定員:150名(オンサイトの上限定員)

◆申込方法:以下の参加申込フォームで受付いたします。

https://www.shingensha.com/jajp-jung/mkform/acc.cgi?id=162547316799628

ぜひご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comments


bottom of page