top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

臨床セミナー2021 私たちはそもそもなぜクライエントの話を聞くのか?

【研修会名】 臨床セミナー2021 

私たちはそもそもなぜクライエントの話を聞くのか?

【主催者】 心理相談室アフォーダンス 古元邦子

【日時】 2021年10月3日(日)10:00~16:30

【会場】  Zoomミーティング 

【概要】  

心理療法の本質は、その場におけるクライエントの経験にあります。心理療法における「場」とは何でしょうか? 「経験」とは何でしょうか? 心理療法において、クライエントとセラピストはそれぞれ何をしており、二人の間には何が起きているのでしょうか? 心理療法が進むとはどういうことなのでしょうか?

ドンネル・スターンの「未構成の経験」についての考え方をヒントに、みなさんと一緒に、心理療法についての理解を深めるために考えてみたいと思います。(小松貴弘

【プログラム】  

10:00〜12:30   講義

12:30〜13:30   休憩

13:30〜16:15   事例検討会 発表者:高山千絵 呉医療センター・中国がんセンター

16:30         終了 


【講師】  

小松貴弘 神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授(公認心理師・臨床心理士)

対人関係精神分析に関心があり、心理療法の作用原理とそれを踏まえたセラピストのあり方について探究を深めようと努めている。訳書にスターン『精神分析における未構成の経験』(共同監訳)、『精神分析における解離とエナクトメント』がある。 

【参加対象者】 臨床心理士、公認心理師、心理師(士)を目指す大学院生  

【定員】全日程参加:30名 講義のみ参加:30名

【参加費】全日程参加  7,000円(学生 5,000円)

講義のみ参加 3,000円(学生 2,000円) 

【申込期限】 9月24日(定員になり次第締め切ります) 

【申込方法】  

メールでお申し込みください

<宛先> affordancek@ybb.ne.jp

<件名> 「臨床セミナー2021申し込み」

<本文> ・お名前とご所属

     ・臨床心理士、公認心理師の資格の有無

      または学年

     ・ご連絡先メールアドレスまたは電話番号

     ・参加希望:「全日程」または「講義のみ」 

(当相談室ホームページからもお申し込みができます) 


臨床セミナー2021案内(10月3日)
.pdf
Download PDF • 641KB

最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page