• 兵庫県臨床心理士会

臨床心理士/公認心理師のためのセクシュアリティ講座〜セラピストのジェンダー・恋愛・家族の価値観バイアスを考える〜

臨床心理士/公認心理師のためのセクシュアリティ講座

〜セラピストのジェンダー・恋愛・家族の価値観バイアスを考える〜  研修主催団体: カウンセリングラボ・SORA  ※臨床心理士・公認心理師を対象としたLGBTsに関する心理支援のアドバンス講座(応用編)となります。

日本におけるLGBTs支援の先駆者である鳴門教育大学の葛西真記子先生を講師にお招きし,その基礎を踏まえたうえで,より踏み込んだ内容を扱いながら学びを深めたく企画をしています。 LGBTsや,多様な家族やライフスタイルを生きるひとびとの社会での生きづらさは,これまでの「男女の恋愛があたりまえ」,「一組の父母のいる普通の家庭が普通」,「母らしさ・父らしさ固定的イメージ」といったジェンダーや恋愛・家族に対しての価値観が生み出す同調圧力が要因となっていると考えられます。 LGBTsに対しての支援の場だけでなく,どのようなクライエントさんに対しても,わたしたち心理臨床家がよりニュートラルで安全な態度で向かうために,それぞれが個人として持っているジェンダー・恋愛・家族の価値観を振り返り。改めてそのバイアスについて考える機会になれば幸いです。 

開催日時:2020年12月11日 19:00-20:30 

場所:オンライン 

定員:25名 

参加費:1500円

 参加方法:https://peatix.com/event/1699683/view?k=22364dc8191638e066576f082789214f15f851cf 

←誠にお手数ですがこちらの申し込みフォームまでお願い致します。 

参加資格:臨床心理士・公認心理師有資格者,または資格取得を目指す在学中の学生・修了生(※身分証明書のご提示をおってご依頼します) 

*入場は18:50から開始いたします。18:50~19:00 の間に出欠を確認しますのでご協力ください。 

*開始後10分を超えた入場はご遠慮ください。入場管理に対応し かねる場合がございます。 

講  師:葛西真記子先生(鳴門教育大学) 

司会進行:梨谷美帆 (カウンセリング・ラボSORA)

      樋口亜瑞佐(愛知教育大学) 

主催:カウンセリング・ラボSORA (counseling-lab.com) 

講師紹介:葛西真記子 先生 

SAG徳島というセクシュアルマイノリティの方々の心理的・社会的支援に貢献し,性の多様性について社会の理解を促進するための援助を行うグループを2011年に立ちあげ様々なイベントの企画や個人・グループカウンセリングを行っている。 著書に「LGBTQ+の児童・生徒・学生への支援」(共著)誠信書房,「セクシュアル・マイノリティへの心理的支援」(共著)岩崎学術出版ほか。 

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会