• 兵庫県臨床心理士会

航空自衛隊メンタルヘルス担当専門官に学ぶ組織メンタルヘルス・マネジメント

【セミナータイトル】

航空自衛隊メンタルヘルス担当専門官に学ぶ組織メンタルヘルス・マネジメント


【内容】

日本の心理職の業界では、組織メンタルヘルス・マネジメントについて、2次予防や3次予防を志向しがちと感じています。しかし本来は1次予防と、さらに近年注目されている「0次予防」(メンタル不調者を出さない組織の環境・風土づくり)こそ積極的に取り組むべきと考えています。 本研修では、組織メンタルヘルス・マネジメントについて、米軍をはじめとした欧米での取り組みなど、様々な話題を提供していきたいと思います。心理職に限らず、対人援助職や企業の人事担当者・管理職にとってもお薦めの内容となっています

【会場】

オンライン(録画のみ)

【日時】

2022年9月18日(日)~10月16日(日)


【お申込み受付】

2022年10月8日まで


【受講料】

税込2,000円

※オンラインコミュニティ「認知行動療法の学校」会員の方は無料となります。さきに入会を検討される方はこちらからお願いいたします。 https://community.camp-fire.jp/projects/view/590151

【講師】

中川 貴嗣 

航空自衛隊小牧基地医務室(衛生隊)心理技官、公認心理師、臨床心理士、第一衛生管理者


コーディネーター

杉山 悠(精神看護専門看護師 医療法人明和会琵琶湖病院)


【対象】

メンタルヘルス支援者、それを目指す学生、企業等のメンタルヘルス施策にかかわる人事担当者・管理職

【臨床心理士ポイント】

セミナーご視聴後、10月20日までに感想フォームにご回答頂いた方を申請予定です。


【申込方法】

こちらのページでセミナーをお選び頂き、申込フォームからお願いいたします。

https://cbt-mental.co.jp/seminar/

【主催】

株式会社CBTメンタルサポート


【問い合わせ先】

cbtmental01@gmail.com



最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒