• 兵庫県臨床心理士会

認定NPO法人子どもの心理療法支援会(サポチル)子どもの精神分析的心理療法セミナー2022『大人と子ども・大人の中の子ども』

認定NPO法人子どもの心理療法支援会(サポチル)

子どもの精神分析的心理療法セミナー2022

『大人と子ども・大人の中の子ども』


 成人と子どもでは、一見すると面接の形態や関わりなどは大きく異なるようにも見えます。しかし、相手が「大人」だったとしても、心理療法の中では理解を求める心の部分、「子どもの部分」にリーチする必要がありますし、言葉ではなくある種の態度や行動、心の動きのシフトを理解するという点では、多くの部分で共通要因を持っています。

 本セミナーではそうした成人と子どもの心理療法の異同について、そして心理療法が持つ共通項について、事例を通して学びます。奮ってご参加ください。


◆ 日 時 :2022年3月27日(日)

       14:00~19:00

◆ 開催形態:zoomを利用したオンラインでの開催(会場開催は行いません)

◆ 講 師 :西村 理晃先生 (精神分析家・児童青年心理療法士・臨床心理士、

              19 Bloomsbury Square Psychoanalysis and Psychotherapy)

 事例提供者:吉岡 彩子先生

       (御池心理療法センター/認定NPO法人子どもの心理療法支援会)

       竹山 陽子先生(精神分析的サイコセラピーインスティチュート・大阪)

◆参 加 費:サポチル正会員…4,000円、それ以外の方…5,000円

◆ 申込期日:2月末日(振込期日:3月5日)

  *200名先着順 定員となった時点で締め切りとさせていただきます

◆申込フォーム:下記URLからお願いいたします。

https://forms.gle/ynZKkuZNmppurprm7

*本セミナーは、日本臨床心理士会資格認定協会に研修ポイントを申請予定です。


認定NPO法人子どもの心理療法支援会

子どもの精神分析的心理療法セミナー

HP:https://sacp.jp/2022/01/10/1415/

メール:kodomo.seminar@sacp.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どものセミナー チラシ
.pdf
Download PDF • 1.00MB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒