top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

鈴木伸一先生と学ぶ うつ病患者の復職支援・就労支援に欠かせない認知行動療法エッセンスとポイント

【タイトル】

 鈴木伸一先生と学ぶ うつ病患者の復職支援・就労支援に欠かせない認知行動療法エッセンスとポイント


【概要】

 うつ病の患者様の復職・就労支援における最新の認知行動療法について学ぶ研修会です。

 うつ病は、労働力の低下や休職・離職のリスクを高める要因となります。実際に、日本国内では年間約6兆円の社会的損失が発生し、GDPの約1%にも相当する問題となっています。そのため、うつ病患者の復職や就労を支援するためには、専門家の知識とスキルが必要不可欠です。そこで、この研修会では、認知行動療法の第一人者であり、豊富な実績と臨床経験を備えた鈴木伸一先生を講師にお招きいたします。

 本研修会では、職場のメンタルヘルスおよび復職や就労支援における認知行動療法の効果的なアプローチについて、具体的なケーススタディや実践的な手法を鈴木先生にご紹介いただきます。復職や就労支援における認知行動療法の基礎から応用まで、幅広い内容を網羅し、参加した皆様にとって実践的なスキルアップの機会となれば幸いです。


【講師紹介】

鈴木 伸一 先生

早稲田大学 人間科学学術院 人間科学部 教授



【開催日時】

2023年8月6日(日) 10:00~16:00


【会場】

つくば心療内科クリニック本院 

〒300-2633 茨城県つくば市遠東1111-1

※現地観覧とZoom配信のハイブリッド開催となります。



【資格更新ポイント】

当研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイント(2)を取得予定です。


【問い合わせ】

029-246-6033

zzr400cbr250@hotmail.co.jp

担当 岡田


【URL】




202308_seminar_A4
.pdf
Download PDF • 688KB


最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

bottom of page