top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

2週間で、体験的に学ぶマインドフルネス入門

主催:imacoco supported by 心理職支援団体 MOSS 「2週間で、体験的に学ぶマインドフルネス入門」


▼紹介動画はこちら(5分45秒)

▼お申し込みはこちら


◇講師

 寳迫 暁子(ほうさこ あきこ)氏

 マインドフルネスオンラインスペース imacoco(いまここ)代表

 MBSR講師

 臨床心理士、公認心理師/心理学(学士)、臨床心理学(修士)

 英国MiSP認定.b teacher(中高生の為のマインドフルネス瞑想講師)


◇概要と目的

 みなさんも、マインドフルネス、という言葉を、どこかで一度は耳にされたことがあるかもしれません。

 「マインドフルネス」とは「今ここ、にあるものに意識的に注意を向けて、そこに湧き起こるありのままのものごとと平静に関わる態度」のことを指します。

支援者自身がマインドフルネスの実践を行い、こうした力を養うことによって、支援者のセルフケアの みならず、支援の質(被支援者への共感性や関係性)が高まる可能性についても言及されています。

 本研修は、まずはお試しで、マインドフルネスをほんの少し実践してみませんか、というおさそいになっています。研修の中では、マインドフルネスストレス低減法(MBSR)*の中で行われる実践を、ほんの少しご紹介させていただきます。

 ・マインドフルネスをちょっとだけ実践してみたい

 ・本や単発の研修で体験してみたけれど、やり方がよくわからなかった/難しく感じた

 ・マインドフルネスには関心があるけれど、長期のプログラムに参加するのは、時間やお金の関係で難しい

 ・いずれはMBSRなどマインドフルネスのプログラムに参加をしたいと思っているけれど、その前にもう少し体験してみたい

 こうした思いをお持ちの方々を歓迎いたします。

 マインドフルネスの価値は、その実践と体験の中に存在します。安心と安全を守るガイドと共に、少しだけ、自分自身の「今ここ」に注意を向ける時間を作りませんか。

 みなさまとお会いできることを、心より、楽しみにしています。


**

マインドフルネスストレス低減法(MBSR)*とは

マインドフルネスが世界に知られるきっかけの一つとなったプログラム。

マサチューセッツ大学医学部名誉教授のジョン・カバットジン博士が、同大学に「マインドフルネス・ベースド・ストレス・リダクション・クリニック」を開設し、開発したものです。このプログラムは、もともとは慢性的な痛みやストレスを抱える人に向けて開発されたものですが、現在は、痛みに限らず、日常の中で起こりうる様々なストレスとの付き合い方を学ぶ方法として、世界のさまざまな国、様々な領域で幅広く活用され、科学的にもその効果が証明されています。

**


◇プログラム

<セミナー1 2023年10月5日(木)20:00~22:00> ※アーカイブ配信あり

【ミニ講義】

・マインドフルネス瞑想法とはなにか

・マインドフルネス瞑想法は何に役立つのか

【実践とシェア】

・正式なマインドフルネス瞑想の実践

・日常の中でのマインドフルネス瞑想の実践

・実践後の体験のシェア/ガイドとの対話(体験や気づきを深める/疑問や困難への対応を考える)


<瞑想実施期間:10月5日 (木) ~10月19日 (木)>

【内容】

セミナー1で体験した、二つのマインドフルネス瞑想を、1日10〜15分程度実践し、記録をつける。


<セミナー2:10月19日 (木) 20:00~22:00> ※アーカイブ配信なし

【実践とシェア】

・2週間の実践についてのシェア

・正式なマインドフルネス瞑想の実践

・実践後の体験のシェア/ガイドとの対話(体験や気づきを深める/疑問や困難への対応を考える)

【ミニ講義】

・自分自身の実践をより深める/誰かに提供するためには


※瞑想体験のシェア/ガイドとの対話について

本セミナーでは、瞑想の実践についてのシェアや講師との対話を行います。

安心安全な場を保つため、セミナー1のアーカイブ配信では【シェア/ガイドとの対話】の部分は取り除きます。

また、セミナー2では【シェア/ガイドとの対話】がメインとなりますのでアーカイブ配信は行いません。

マインドフルネスの体験では、瞑想後のシェアや対話の時間に重要な意味がありますので、できる限り、当日ご参加されることをおすすめいたします。


◇会場

 オンライン(Zoom)

◇定員

 95名

◇対象

・公認心理師や臨床心理士等、守秘義務のある対人援助職(受験資格保有者を含む)

・大学院生(心理・医学・教育・福祉系)

<注意事項:集団でのマインドフルネス瞑想が害を及ぼす可能性について>

・精神疾患と共にあり、心身の状況が非常に不安定な方(幻覚や妄想、パーソナリティの課題、強い躁状態・抑うつ・不安、希死念慮や自殺願望、生活に強い影響を及ぼす外傷体験がある、など)

・または、こうした状況を過去3年以内に経験されている方

本研修はグループでのマインドフルネス体験を行います。上記に該当される場合には、お一人お一人の現在の状態に合わせ、タイミングや方法などを選びながら、グループではなく個別でのマインドフルネス瞑想を体験されることが強く推奨されます。ご自身の安全を守るため、心身の健康状態をご確認の上、体験のご参加をお願いいたします。


◇参加費

通常参加(セミナー1のみアーカイブ視聴付き)チケット…6,500円(学生:3,000円)

心理系大学院受験対策塾プロロゴスさん、あるいはMOSSアカデミ専用Slackにご参加の方、また、MOSSのPeatixフォロワーの方はチケット購入の際に「割引コード」をご入力ください。

※ 学生の方は、チケット購入の際に割引コード「student」を入力し、事前アンケートにて所属大学院等をご回答ください。

※ チケット販売は 2023年10月2日 (月) 23:55 に終了します(満員になり次第終了します)。


◇臨床心理士資格ポイント

 参加者のうち臨床心理士の方が3割以上の場合、臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請します。

 ポイントの申請を希望される方は、「セミナー1への参加(またはアーカイブ視聴)とセミナー2への当日参加、瞑想実施記録(15分×8日以上)の提出」が必須となりますのでご注意ください。

申請結果が分かり次第、申請希望の方にはメールにてご連絡いたします。

「受講証明書」は、本研修終了後、参加後アンケートにご回答頂いた方に配布します。


◇申込み期限

 2023年10月2日 (月)まで

 ※コンビニ/ATM払いでのお申し込みは、10/1(日)までの受け付けとなります。


◇申込方法、プログラム詳細

下記のお申込みページ(Peatix)をご参照ください。


◯imacoco(イマココ)について

imacoco は、オンラインスペース zoom を通じて、

マインドフルネス(瞑想・メディテーション)の体験をご提供する場所です。

くつろげる居間(ima)で、お茶でも飲みながらのんびり過ごす雰囲気をイメージしています。

公式サイト|https://www.imacoco.space/


◯ MOSS(モス)について

心理職(公認心理師・臨床心理士)の支援を目的とした団体です。

公式サイト|https://moss-official.com/


<主なサービス>

心理職向け研修を提供する『MOSS セミナー』の企画、運営

オンラインカウンセリングを提供する『モス心理相談室』の運営

公認心理師資格試験の過去問webアプリ『MOSS スタディ』の運営

心理職専門のHP制作、ロゴ・イラスト制作、動画制作


ご不明点などございましたら下記までお問い合わせくださいませ。





【研修情報】2週間で、体験的に学ぶマインドフルネス入門
.pdf
Download PDF • 160KB

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page