• 兵庫県臨床心理士会

2020年度 近畿ブロック HIV医療におけるカウンセリング研修会

研修主催団体: 国立病院機構 大阪医療センター

研修内容: 日時:2020年12月18日(金) 10:00~16:00 (9:30~受付開始、12:00~13:00 昼休み) 

会場:大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 研修室 https://osaka.hosp.go.jp/goraiin/access/index.html


開催目的:

1.HIV感染症患者の心理面接事例についての検討を通して、カウンセリングスキルの向上を図る。

2.HIV医療における心理臨床に関する互いの経験を共有し、知見を深める。


対象:近畿ブロック内の自治体・拠点病院・中核拠点病院等の臨床心理士、公認心理師、心理職、カウンセラー、もしくはHIV感染症に関わるカウンセリングに関心のある臨床心理士、公認心理師、心理職、カウンセラー、臨床心理学専攻の大学院生。

※各施設から複数名ご参加いただくことも可能です。


研修形式:集合型事例検討会(午前・午後それぞれ1事例を検討)

プログラム 

午前の部:10:00~12:00(2時間)事例検討(参加者間で検討、コメンテーターなし)★

午後の部:13:00~16:00(3時間)事例検討(コメンテーターを迎えて検討)

午後のコメンテーター:安村 直己 先生(甲子園大学 教授、臨床心理士)


★数回で終了したケースや中断ケース、派遣等で構造化面接が難しいケースなど、従来の3時間枠の事例検討にはちょっと出しにくい…と躊躇されていた方にももっと気軽に事例を出して頂けるよう、コメンテーターなしの2時間枠を設けました。臨床で日々奮闘する仲間同士、気軽に事例の悩み、迷い等も含め、経験を共有し、知恵を出し合い、学び合えたらと思います。

終了後参加者に自記式アンケートを実施する。


申込方法:別紙(参加申込票)に必要事項をご記入の上、FAX(06-6943-6467)でご返送下さい。e-mailでのお申込みの場合は、添付ファイルまたは同項目についてもれなくご記入の上、当院臨床心理室:担当森田morita.mako.gtmail.hosp.go.jpまで(★を@に変えて)お送りください。受け付けましたら、メールでお返事させて頂きます。お申込み後10日経っても返信がない場合はお手数ですが、必ずお問合せ下さい。旅費等の支給はございません。何卒ご了承ください。


◆募集要項PDF https://osaka.hosp.go.jp/wp-content/themes/osaka-iryou/img/department/khac/medical/kensyu/201218/guide.pdf

◆参加申込票PDF https://osaka.hosp.go.jp/wp-content/themes/osaka-iryou/img/department/khac/medical/kensyu/201218/entry_form.pdf

◆参加申込票Word https://osaka.hosp.go.jp/wp-content/themes/osaka-iryou/img/department/khac/medical/kensyu/201218/entry_form.docx

尚、本研修会は臨床心理士の継続研修ポイント(第2条(4)ワークショップ)の申請を予定しております。 臨床心理士の方は、申込票に臨床心理士番号をご記入ください。(但し全日参加された方のみ)

定員:30名(応募が多数の場合は、エイズ治療拠点病院や派遣カウンセラーを優先させて頂きます。)

参加申込み締切:11月29 日(日)必着(延長しました!)

◆参加希望の方へのお願い:新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用、手指消毒、換気、座席間隔を保つ等の感染対策を実施の上、検温含む体調管理・報告にもご協力を頂きます。発熱等ある場合はご参加頂けない場合があります。また、新型コロナウイルスの感染状況により、本研修会そのものが中止となる場合もあります。予めご承知おき下さい。


<申込みおよび問合せ先>

大阪医療センター 臨床心理室  森田眞子

FAX :06-6943-6467

e-mail :morita.mako.gtmail.hosp.go.jp (★を@に変えて送信下さい。)

電話:06-6942-1331(代) 

〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14


★詳細は下記をご参照下さい。

https://osaka.hosp.go.jp/department/khac/medical/kensyu/

最新記事

すべて表示

研修:一般社団法人 読み書き配慮

【河野俊寛先生による URAWSSⅡ講習(3月開催)】 ■参加費:25,000円(テキスト代・検査キット・送料等含む) ■日程2日間(3月12日(土)10:00~16:00・3月13日(日) 10:00~16:00) ■お申込み:http://ptix.at/ilE8NI ■開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナーによるライブ配信&後日アーカイブ配信) ■イベント詳細 読み書き困難の発生率は8

第11回 対談企画 「どうしたらうつ病・双極症から回復するの?」 ~心の病気のプロ達と当事者に聞くQ&A対談~

研修主催団体: 一般社団法人CBT研究所 【内容】 うつ病や双極性障害の質問を募集し、立場の異なる専門家(精神科医、当事者、心理師)がお答えします。 回答者たちはこれまで、服薬、心理療法、リハビリテーション、休職・復職などを効率的に進めていくために、様々な工夫をしてきました。 症状に困っている方、その周りの方々、治療にあたっている専門家の皆様、気軽に質問してみてください。改善のきっかけとなるかもし

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ

少人数制 実践型認知行動療法トレーニングワークショップ 本ワークショップは、書籍などで認知行動療法(以下、CBT)を学んだが、実戦経験が乏しい支援者が実際にCBTの体験を通して実践力を養うWSです。CBTを上手くなるためには、まず自身で体験してみることが大切です!   少人数制のグループで、初回から終結までの流れを様々なワークを通じて身に着けていきます。CBT実施にあたりご不明な点等は、京都CBT