• 兵庫県臨床心理士会

2021年度神戸精神分析セミナー

一般社団法人日本精神分析的自己心理学協会(JFPSP)主催

「2021年度神戸精神分析セミナーのご案内」


2013年より当協会は自己心理学を主軸に置き、精神分析を系統立てて学ぶ場を提供させて頂いております。フロイトから始まり間主観性理論という現代精神分析の考え方に至るまで、理論の展開、その歴史的背景、なにより臨床場面をどのように考えるのか、を学んでいます。ここ数年は関係性への転回から倫理的転回への学びへと進み、治療者としての私たちを考える「場」へと発展しています。ご登壇頂く先生方のもとでの少人数制の講義ですので、ご参加いただく先生方の臨床体験を味わいながら学ぶ「場」にもなっております。昨年はコロナ禍で開講を断念した講義もございますが、2021年度はすべてのコースワークをオンラインで提供いたします(一部はハイブリット方式で開講)。関西から遠く離れた先生方にも気軽にご参加頂くことが可能となりました。コロナウィルス感染症の逼迫により、極めて不確実な年になろうとも、私たち精神分析(的心理療)を学ぶものは、それでも学び続けるという姿勢は保ち続けたいと願っています。またそのような着実に学ぶ「場」を提供させて頂ければとも願っております。

4月から5コースご用意させて頂きました(詳しくはJFPSPのHPをご覧ください)。http://jfpsp.net/TrainingInstitute/KobeSeminars2021.html

内容等に関するご質問等がございましたら

訓練研究所教務宛( mailto:jfpspkyoumu@gmail.com )までお気軽にお問い合わせください。

新年は苦しい幕開けとなりましたが、それでも多くの方々が希望をもって進める年になるよう私どもJFPSPはお手伝いできればと願っております。

JFPSP自己心理学協会訓練研究所 安村直己


「2021 神戸精神分析セミナー(全面zoom開講) 」

1) ジェンダーとセクシュアリティ(葛西真記子)

全12回(一部対面講義併用)/原則毎月第1(月)19:30~21:00


2) 精神分析と文化(及川卓/安村直己)

全12回/原則毎月第2(月)20:00~21:30


3) 対象関係論(志久内陽子/仙道由香/清野百合/馬場天信)

全12回/原則毎月第3(月)19:30~21:00/一部集中講義


4) 精神分析的研究法Ⅰ(及川卓/栄橋心理相談室)

全12回/毎月第4(月)19:30~21:00


5) 精神分析的診断と事例検討(中西和紀)

全6回/偶数月第4(日)13:00~16:00 ※定員に達しました。

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現