• 兵庫県臨床心理士会

2021年度神戸精神分析セミナー

一般社団法人日本精神分析的自己心理学協会(JFPSP)主催

「2021年度神戸精神分析セミナーのご案内」


2013年より当協会は自己心理学を主軸に置き、精神分析を系統立てて学ぶ場を提供させて頂いております。フロイトから始まり間主観性理論という現代精神分析の考え方に至るまで、理論の展開、その歴史的背景、なにより臨床場面をどのように考えるのか、を学んでいます。ここ数年は関係性への転回から倫理的転回への学びへと進み、治療者としての私たちを考える「場」へと発展しています。ご登壇頂く先生方のもとでの少人数制の講義ですので、ご参加いただく先生方の臨床体験を味わいながら学ぶ「場」にもなっております。昨年はコロナ禍で開講を断念した講義もございますが、2021年度はすべてのコースワークをオンラインで提供いたします(一部はハイブリット方式で開講)。関西から遠く離れた先生方にも気軽にご参加頂くことが可能となりました。コロナウィルス感染症の逼迫により、極めて不確実な年になろうとも、私たち精神分析(的心理療)を学ぶものは、それでも学び続けるという姿勢は保ち続けたいと願っています。またそのような着実に学ぶ「場」を提供させて頂ければとも願っております。

4月から5コースご用意させて頂きました(詳しくはJFPSPのHPをご覧ください)。http://jfpsp.net/TrainingInstitute/KobeSeminars2021.html

内容等に関するご質問等がございましたら

訓練研究所教務宛( mailto:jfpspkyoumu@gmail.com )までお気軽にお問い合わせください。

新年は苦しい幕開けとなりましたが、それでも多くの方々が希望をもって進める年になるよう私どもJFPSPはお手伝いできればと願っております。

JFPSP自己心理学協会訓練研究所 安村直己


「2021 神戸精神分析セミナー(全面zoom開講) 」

1) ジェンダーとセクシュアリティ(葛西真記子)

全12回(一部対面講義併用)/原則毎月第1(月)19:30~21:00


2) 精神分析と文化(及川卓/安村直己)

全12回/原則毎月第2(月)20:00~21:30


3) 対象関係論(志久内陽子/仙道由香/清野百合/馬場天信)

全12回/原則毎月第3(月)19:30~21:00/一部集中講義


4) 精神分析的研究法Ⅰ(及川卓/栄橋心理相談室)

全12回/毎月第4(月)19:30~21:00


5) 精神分析的診断と事例検討(中西和紀)

全6回/偶数月第4(日)13:00~16:00 ※定員に達しました。

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会