• 兵庫県臨床心理士会

2021年度 精神分析入門セミナーのご案内

2021年度 精神分析入門セミナーのご案内 主催:大阪対象関係論研究会  


このたび,精神分析の考えかたやしかたについて学ぶことを目的とするセミナーを開きます。このセミナーは,比較的臨床経験の浅い方(おおむね5年以内)や,臨床を学んでいる大学院生を対象にしています。比較的少人数のグループで行なうことで,精神分析の理論や実践について集中的に学ぶことを目指しています。担当者が関心をもつ精神医学・臨床のトピックをテーマとして設定し、それについて参加者で検討していく予定です。みなさまの参加をお待ちしています。また昨年度に引き続き,対面とオンラインを併用して開催しますので,遠方の方にもご参加いただけます。

1. 開講日:年間全10回,毎月第4土曜日の午後4時より7時30分

※都合により,前後の週に変更することがあります。

2021年 4月24日,5月22日,6月26日,7月24日,9月25日,10月30日,11月27日 2022年 1月22日,2月26日,3月26日

2. 会場:上本町心理療法オフィス 

(大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル601)

 対面とZoomを用いたハイブリッド式の開催になります。

3. 講師:

館 直彦(顧問) (たちメンタルクリニック,精神科医,臨床心理士,日本精神分析学会認定スーパーヴァイザー)

増尾徳行 (ひょうごこころの医療センター,臨床心理士,日本精神分析学会認定心理療法士)

4. 概要: 各回は,ゼミナールと事例検討の2本立てとします。前半90分はゼミナール形式です。精神分析・精神医学・臨床のテーマについて,各月に担当者を設けます。担当者は興味をもつテーマについてまとめて発表して下さい。講師が助言やコメントをします。もし,特定のテーマが見つからない時には,N.コルタート『精神療法家として生き残ること』を参照いただくことを推奨しています。15分休憩ののち,後半105分で事例検討を行ないます。こちらも,各月に事例提供者を設けます。引き続き講師が,助言やコメントをします。

5. 参加資格:医学・心理学・社会福祉などを大学・大学院で学んでいるか,現在実践されている方。

6. 参加費:年間40,000円 (昨年度より2年度にわたって参加される方は,割引があります。)

7. 申し込み: objectrelations.osaka@gmail.com(担当:川崎)までメールにて,お申し込みください。

申し込みの締め切りを2021年4月10日とし,先着順に受け付けます。申し込み者が12名に達した場合,締め切り前でも受け付けを終了します。参加希望者が8名未満のときは,開催しない場合があります。その際は,4月15日ごろに連絡します。ご不明な点がありましたら,上記メールアドレス宛てにご照会ください。

最新記事

すべて表示

こども思春期精神分析セミナー

こども思春期精神分析研究会 コロナ禍の中の精神分析 現在私たちは、世界規模で目に見えない脅威に晒されています。2020年1月頃中国から始まったCovid-19は、瞬く間に全世界に広がり、私たちの生活と取り巻く環境は否応なしに変化を強いられました。臨床実践に携わっている私たちにとっても、クライエントにとっても、様々な影響を及ぼすことになったと言えるでしょう。そして、今も尚、「コロナ禍」の中に私たちは

サリヴァン・フォーラム

サリヴァン・フォーラム 対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(1892-1949)の思想と臨床について語り合う広場を開催します。 はじめに、川畑が、スペイン風邪流行後の大恐慌時代の福祉に関するサリヴァンの思想を踏まえ、遠心的な心理支援のパラダイムについてお話しします。続いて、村澤は、中井久夫による仕事を参考にしつつ、生命と環境を結ぶエコロジカ

KIPPセミナー特別編「鑪幹八郎 『森有正との対話の試み(第二弾):アモルファス

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。 本年1月21日にオンライン開催しました、鑪幹八郎先生による2020年度KIPP対人関係精神分析セミナー「森有正との対話の試み」の第二弾を急遽開催する運びとなりました。今回は、前回のセミナーで十分に時間を割くことができなかったアモルファス自我構造と日本の精神分析を中心にお話しいただきます。指定討論は、KIPPの川畑直人先生が担当されます。指定討論の

© 2021 兵庫県臨床心理士会