• 兵庫県臨床心理士会

2022年度子どもの心の発達セミナー

研修主催団体: 小寺記念精神分析研究財団

『精神分析的心理療法から見えてくる発達障がいをもつ児童青年のこころ』


 発達障がいをもつ子ども、思春期青年期の人たちに精神分析的心理療法はどのような助けになるのでしょうか。「治療」を目的とするのでもなく、「変化・成長」モデルに立脚するのでもなく、子どもや青年とのやりとりを通して、“こころの世界を探索していく”というプロセスを共に歩もうとする精神分析的心理療法を子どもや青年たちのこころはどのように体験しているのでしょうか。彼ら彼女たちの内的、および外的な親や家族との関係性にどのような影響を与えているのでしょうか。

 児童青年、そして人のこころについて探索し、考え続けているお二人の臨床家のご講義、及び事例検討を通して、精神分析的心理療法から見えてくる発達障がいをもつ児童青年のこころ、精神分析的心理療法についてあらためて考えてみませんか。


参照URL:http://kodera.or.jp/seminar.html

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒