top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

2022年度第3回公開セミナー 自我心理学と現代自己心理学の接点


2022年度第3回公開セミナー

自我心理学と現代自己心理学の接点

本年度の公開セミナーは「今、自我心理学を臨床に」をシリーズテーマとしています。本年度3つのセミナーを通して、古典的な精神分析と見なされがちな自我心理学の現代的な意義、臨床的有用性を探っていきたいと考えています。第3回のテーマは「自我心理学と現代自己心理学の接点」です。セミナー講師は、甲南大学の富樫 公一先生です。

午前の部は富樫先生から本テーマに関するご講演をいただきます。午後の部はグループスーパーヴィジョンです。富樫先生には助言者として引き続き登壇していただきます。

こちらはオンラインセミナーとなっています。地域を問わず、多くの方からのご参加を心よりお待ちしています。なお、本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。


1.    概要

[テーマ]  自我心理学と現代自己心理学の接点

[講 師]  富樫 公一(甲南大学)

[日 時]  2023年3月5日(日)10:00〜16:00

[場 所]  Zoomによるオンライン開催

[参加費]  

(1)JFPSP正規訓練生…4,000円

(2)大学院生(修士課程)…4,500円

(3)その他守秘義務を有する専門家…6,500円

[申込方法]  JFPSPのHP上、申込フォームよりお願いします。

[問合せ先]  E-mail:  seminar@jfpsp.org

[重 要]  

 本セミナーは、JFPSP自己心理学協会によって録画されます。個人による録音・録画は固く禁じております。

質疑応答も録画対象です。録画映像からご自身の発言を削除することを希望される場合は、本セミナー終了後2週間以内にseminar@jfpsp.orgまでにご一報ください。

本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(1ポイント)」を承認されています。


2.    プログラム

午前の部 【講演】 10:00 – 12:00

[講師]    富樫 公一(甲南大学)

[司会]    小林 陵(横浜市立大学附属病院)


昼休憩 12:00 – 13:00 


午後の部 【グループスーパーヴィジョン】 13:00 – 16:00

[事例発表者] 高木 誠美(給田ファミリークリニック)

[助言者]   富樫 公一(甲南大学)

[司会]    小林 陵(横浜市立大学附属病院)


最新記事

すべて表示

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

bottom of page