top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

2022年度第3回KIPP対人関係精神分析セミナー

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所


【テーマ】 関係モデルによる統合的心理療法


【講師】 杉原 保史 SUGIHARA, Yasushi 京都大学学生総合支援センター


【開催日時】 2022年9月4日(日) 10:30-16:30 講義:10:30-13:00 事例検討:14:00-16:30


【会場】 オンライン(Zoom)


【内容】 心理療法への統合的アプローチは、クライエントに合わせて多様な学派の技法を活用する実践スタイルである。これまでに蓄積されてきた効果研究によれば、学派間の治療効果の違いは小さいものでしかない。それよりもセラピスト間の治療効果の違いの方がはるかに大きい。そしてその違いは、効果的な治療関係を形成するセラピストの能力と主に関わっている。にもかかわらず多くのセラピストは、成功するためには優れた学派のセラピーをマスターすることが必要だと信じて小さな違いを必死で追究している。極端な場合、クライエントの反応よりも学派のテキストを参照し、スーパーバイザーの反応を伺うようになる。学派を重視した学びは、クライエントをセラピーの受動的な受け手として見る見方を誘導してしまうことでもセラピーの効果を損なう。学派を超えた視点から、効果的な心理療法実践について考えてみたい。


【参考文献】 心理療法統合学会監修 杉原保史・福島哲夫編 心理療法統合ハンドブック 2021年 誠信書房 杉原保史 統合的アプローチによる心理援助 2009年 金剛出版


【受講料】 講義のみ:3,000円 講義+事例検討:6,000円


【定員】 講義のみ:50名 講義+事例検討:35名


【申込方法】 https://www.inst.kipp-u.co.jp/application.html

申込要項(上記URL)をご確認いただき、同一ページ内の申込フォームよりお申し込みください。


【お問い合わせ】 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所

TEL:075-623-0823 E-mail:info@kipp-u.co.jp


最新記事

すべて表示

全ての支援者に知ってほしい 「心理職のためのプライマリートラウマケア(入門編)」 〜トラウマの非専門家にも、トラウマセラピストがセラピーを安全に進めるためにも〜 日時:2023年2月23日(祝) 11時〜17時(昼休憩1時間あり) 場所:オンライン(ZOOM) 講師:浅井伸彦(国際心理支援協会) 定員:CPポイント対象(5時間)、20名程度(抽選申込み。抽選結果は2/14にメールにてお知らせします

①録画視聴「初学者向けSCセミナー~学校では教えないSC業務のコツをわかりやすくまとめてみました~」(2022年8月28日(日)開催) SC経験が少ない初学者の方や、これからSCをしてみようと考えている方はもちろん、 基本を確認したいSC中級者にもお勧めのセミナーです。 ②2023年3月より開催「田多井先生のスクールカウンセリング超実践道場2023~どうしたらいいの?が分かる!解決力が身につく!」

bottom of page