• 兵庫県臨床心理士会

2022年度第3回KIPP対人関係精神分析セミナー

研修主催団体: 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所


【テーマ】 関係モデルによる統合的心理療法


【講師】 杉原 保史 SUGIHARA, Yasushi 京都大学学生総合支援センター


【開催日時】 2022年9月4日(日) 10:30-16:30 講義:10:30-13:00 事例検討:14:00-16:30


【会場】 オンライン(Zoom)


【内容】 心理療法への統合的アプローチは、クライエントに合わせて多様な学派の技法を活用する実践スタイルである。これまでに蓄積されてきた効果研究によれば、学派間の治療効果の違いは小さいものでしかない。それよりもセラピスト間の治療効果の違いの方がはるかに大きい。そしてその違いは、効果的な治療関係を形成するセラピストの能力と主に関わっている。にもかかわらず多くのセラピストは、成功するためには優れた学派のセラピーをマスターすることが必要だと信じて小さな違いを必死で追究している。極端な場合、クライエントの反応よりも学派のテキストを参照し、スーパーバイザーの反応を伺うようになる。学派を重視した学びは、クライエントをセラピーの受動的な受け手として見る見方を誘導してしまうことでもセラピーの効果を損なう。学派を超えた視点から、効果的な心理療法実践について考えてみたい。


【参考文献】 心理療法統合学会監修 杉原保史・福島哲夫編 心理療法統合ハンドブック 2021年 誠信書房 杉原保史 統合的アプローチによる心理援助 2009年 金剛出版


【受講料】 講義のみ:3,000円 講義+事例検討:6,000円


【定員】 講義のみ:50名 講義+事例検討:35名


【申込方法】 https://www.inst.kipp-u.co.jp/application.html

申込要項(上記URL)をご確認いただき、同一ページ内の申込フォームよりお申し込みください。


【お問い合わせ】 一般社団法人京都精神分析心理療法研究所

TEL:075-623-0823 E-mail:info@kipp-u.co.jp


最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒