top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

2022年度 WISC-IV事例検討会 ~発達に偏りのある子どもたちの見立てと支援~

2022年度 WISC-IV事例検討会

~発達に偏りのある子どもたちの見立てと支援~


昨今、オンライン研修の増加により、座学研修の機会は増えておりますが、 コロナ禍により現場で働く先生方と知識や意見を共有・交換するような場が少なくなっていることを踏まえて、今年度は対面研修を企画いたしました。 また、WISC-Vが発行されたものの、日本文化科学社の実技講習会開催がなされていないことから、 WISC‐IVを活用しておられる職場が多いのではないでしょうか。


「一人職場なので、情報・意見を交換したい」

「実践的な支援方法の幅を広げたい」

「保護者に検査結果の伝え方が分からない」


日々の臨床で、このような困りごとをお持ちの先生方に奮ってご参加いただき、明日から現場で活かせるような実りのある事例検討会にしていければと考えております。

講師に公認心理師・特別支援教育士SVである安住ゆう子先生をお招きし、 まずWISC-Ⅳの解釈の基本を行動観察や保護者からの聞き取りや伝え方のポイントも含めて学びます。 その後、小グループに分かれて、「読み書きの困難さを持つ事例」「対人面や行動に課題を持つ事例」の2事例について意見交換をしながらアセスメント過程を体験します。他の参加者と意見や知識を共有することでアセスメント技術の向上を目指します。


WISC-IVを実施している方、臨床場面で活用するにあたり実践的な知識技能を身につけたい方、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


【講師】 安住 ゆう子 先生

公認心理師・特別支援教育士 SV

NPOフトゥーロ LD発達相談センターかながわ所長


【対象】

★公認心理師・臨床心理士資格保有者

★WISC-IVを施行した経験を有する方

★WISC-IVの検査結果をもとに支援を行っている方

(スクールカウンセラーの方、児童発達支援事業所、

放課後等デイサービス等でご勤務されている方など)


様々な領域でご勤務されている先生方にご参加いただけます。 ご不明点がございましたら、<問い合わせ先>まで気軽にお問い合わせください。


【開催情報】

・日時:2023年2月5日(日) 10:00~16:00

・場所:TKPガーデンシティ渋谷 ホール4C

・定員:60名

・参加費:10,000円


★会場につきまして:通常収容人数120人の会場にて、座席の間隔を十分に確保して開催いたします。  

入場時の手指消毒、換気等、十分に感染対策を行い実施いたします。


【申込方法】 下記アドレスから注意事項をご確認の上、必要事項をご入力いただき決済をお願いいたします。 ※決済後に届きます確認メールには、研修の受講に必要な情報が記載されていますので、大切に保管してくださるようお願いいたします。


<お問い合わせ先>〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野5-29-23 特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会 WISC-IV研修会 事務局 竹村/小川 HP:https://www.msak.jp/ e-mail : kenshukai@msak.jp

最新記事

すべて表示

ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~

【セミナータイトル】 ロールプレイで学ぶ、子供支援のコンサルテーション~必要な情報の聴き取りと、介入プランシートを活用した支援方法~ 【概要】 本セミナーでは子供支援における保護者や教師へのコンサルテーションについて、大切な姿勢や聴き取りの流れをロールプレイでご覧頂く事で学んで頂けます。また、コンサルテーションで聞き取った情報を介入プランシートを活用した支援方法の方策の立て方を一緒に練習して頂ける

「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」

神戸学院大学心理臨床カウンセリングセンター主催フォーラムのご案内 テーマ「中長期的被災地支援について考える 自然災害と人災、そして当事者性の違いから」 テーマを「中長期的被災地支援について考える」とし、シンポジストに髙橋紀子先生 (臨床心理士・公認心理師)を迎えます。 髙橋先生は大学勤務を経て、臨床心理士として福島県で被災地支援活動を開始。 南相馬ひきこもり支援センター、非営利団体「桃の駅」を立ち

WISC-Ⅴオンライン研修会~ⅣからⅤの変更ポイントをおさえ、よりよい支援につなげよう~

研修主催団体: NPOフトゥーロ 研修内容: ●S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)対象研修 ●臨床心理士ポイント申請予定 臨床心理士のポイントについては臨床心理士教育・研修委員会規程別項 第2条(4)、およびオンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)に則って申請予定です。 *ただし、2024年6月現在、本オンライン研修が臨床心理士ポイント付与の要件を満たすかは明確ではないことをご了解いた

Comentários


bottom of page