• 兵庫県臨床心理士会

2022 年度 児童思春期心理療法セミナー (オンラインセミナーⅢ)

研修主催団体: 谷町こどもセンター・関西心理センター

2022 年度 児童思春期心理療法セミナー (オンラインセミナーⅢ)


ご案内

 本年度もコロナ感染症予防のため、オンラインで児童思春期心理療法セミナーを開催いたします。当セミナーは前年度に引き続き、心理臨床の基礎をテーマに考えていきたいと思います。

 松木先生には、人間の根源ともいえるセクシャリティについて、性も多様化する現代社会において、どのように考えていけばよいのかをご講義いただきます。飛谷先生には、思春期の子どもへの心理療法の基礎だけではなく、IT機器に囲まれて育った現代の思春期への子どもへのアプローチについてもご講義いただきます。いずれも性という人間の関わるテーマとなっておりますので、皆様とともに学びながら、臨床活動に還元していきたいと思います。  皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。


≪内容≫ Zoomによるオンラインセミナー

【時期・内容】

①令和4年7月18日(月・祝)12:30~17:30

「現代とセクシャリティ:精神分析からみる性愛・性・ジェンダー」

②令和4年11月23日(水・祝)12:30~17:30

「思春期の心理療法入門」

【講師】(日程順)

1回目: 松木 邦裕先生(精神分析オフィス/京都大学名誉教授)

2回目: 飛谷 渉先生(大阪教育大学保健センター)

【受講料】

 一般: 全2回 12,000円(1回のみ:8,000円)

 院生: 全2回  8,000円(1回のみ:6,000円)

【申し込み・お振込み期限】

全2 回、もしくは 第1 回のみご参加の方 7 月1 日(金)まで 第2 回のみご参加の方 11月4 日(金)まで

* 1回のご参加につき、臨床心理士ポイント2P分を申請予定

【申し込み方法】

セミナーHP http://www.kansai-kodomo.jp/seminar/の申し込みフォームから お申し込みください。

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒