top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

ACTを応用した学級での心理教育

オンラインセミナー『ACTを応用した学級での心理教育』のご案内本研修では、子どもの心理的支援に関わる専門職としては知っておくべき知識・技法である認知行動療法について、複数回にわたってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただいております。第7回は2021年11月13日(土)に開催させていただき、『ACTを応用した学級での心理教育』をテーマに、大月友先生(早稲田大学人間科学学術院准教授)をお招きし、ご講演いただきます。・ACTの基本的な考え方・クラスワイドでの心理教育としてのACTプログラムと、その留意点・1000人以上の子どもが受けているACTのプログラム・ACTの実践例とデータ・ユニバーサル介入としてのACT ・予防的介入としてのACT ・子どもたちの成長に寄与できるプログラムとしてのACT などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。見逃し配信もございます。

研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。

主催:一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド

お問い合わせ先:eureka_himeji@yahoo.co.jp

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Comments


bottom of page