• 兵庫県臨床心理士会

IPPOワークショップ2021「精神分析的理解を現場でどう生かすか―医療・学生相談・産業分野における体験―」

IPPOワークショップ2021

「精神分析的理解を現場でどう生かすか―医療・学生相談・産業分野における体験―」


この度、精神分析的サイコセラピーインスティチュート・大阪(IPPO)では、以下の内容でワークショップを開催いたします。

Zoomを用いたオンラインでの開催となりますので、日ごろさまざまな地域で活躍されている皆さまにも是非ご参加いただければと思い、お知らせさせていただきます。

年末のお忙しい時期かとは思いますが、ご検討いただければ幸いです。


日時:2021年12月19日(日) 12:30~18:00

参加費:5000円

対象:医師、臨床心理士、公認心理師、それに準ずる専門家、大学院生、研修生で、守秘義務を厳守いただける方


詳細は、添付いたしますファイルをご確認ください。

IPPO2021年度ワークショップ (1)
.pdf
Download PDF • 274KB

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒