• 兵庫県臨床心理士会

KIPP対人関係精神分析セミナー

各位

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナーを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。 本年度も昨年度に引き続きオンライン開催となりますが、講義のみでなく事例検討も実施することといたしました。

詳細につきましては、ホームページ

https://inst.kipp-u.co.jp/ ※2021年8月よりURLが変更となりました。)

をご確認ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー「こころの出会い」

---------------------------------------

第 3 回 2021年9月5日(日)10:30~13:00

テーマ:「精神分析的心理療法におけるアタッチメントの作用」

講師 工藤 晋平 名古屋大学学生支援本部/心理療法室ともしび

会場 ZOOMによるオンライン開催

【定員とスケジュール】 講義のみ(10:30~13:00)70名

※講義+事例検討につきましては、定員に達したため申し込みを締め切りました。

---------------------------------------

精神分析的心理療法の文脈でのアタッチメント理論・研究の有用性には2つのことが考えられます。1つは関係性の理解に研究の成果が利用できることと、もう1つは理解の焦点を安心感のケアに置くことです。前者は理解の手段であり、後者はその内容です。これに対してしばしば精神分析的なあり方は、いずれもがセラピストの内側に由来することを重視します(平等に漂う注意と解釈)。そのため、(うまくいけば)ここに理論的な相補性が生じます。実践においては、クライエントの心の動きが浮かび上がるところに両者は合流します。講義では、こうした精神分析的心理療法とアタッチメント理論・研究の理論的、実践的相補性と、理解と関わりへの作用についてお話したいと思います。

工藤晋平著『支援のための臨床的アタッチメント論』 ミネルヴァ書房

---------------------------------------

申込方法:下記申込専用フォームよりお申し込みください。

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー 「こころの出会い」専用申込フォーム


https://ws.formzu.net/fgen/S38820209/

受講料:講義のみ 3,000円(一律)

申込期限:8月25日(水)

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

ホームページ:https://inst.kipp-u.co.jp/ ※2021年8月よりURLが変更となりました。

最新記事

すべて表示

リカバリ―全国フォーラム2021『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』

●~●~●~●~●~●~●~●~●~● リカバリ―全国フォーラム2021 『今こそ考えるピアサポート ~人と人とが支え合うことの意味~』 2021年10月16日(土)& 17日(日) オンライン開催 ●~●~●~●~●~●~●~●~●~●  リカバリー全国フォーラムは、当事者・家族・精神保健医療福祉関係者・市民などが、 立場の違いを超えて全国から集い、活発な議論を行う場として定着しています。  近

第13回 松木邦裕セミナー on the Web「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」

第13回 松木邦裕セミナー on the Web 「精神分析は憎しみ(Hate)をどう考え、向き合うのか?」 今年も引き続き松木先生に学ぶセミナーを企画しました。コロナ禍は終わる気配を見せず、見通しのきかない不安な生活が続いています。その影響の実態をまだ私たちは見極めることはできません。 昨年の第12回セミナーでは「精神分析はネガティブ(負)とどのように向き合うか?」と題してセミナーを行いました。

愛着の視点から子ども支援を学ぶ-迷わない支援を目指す研修会-

「支えている人を,じゃあ誰が支えたらいいんでしょうね」本研修会の打ち合わせで,樋口先生はこう語られました。 少子化社会での虐待数増加,保護者/支援者の心理的孤立化など,子ども支援現場の課題は尽きません。今回は概念が一人歩きしがちな愛着について,専門性のある正しい知識,そして,先駆者の知恵と工夫をテーマにし,これまで学ぶ機会の少なかった支援職の方々に広く届けることを目的としています。児童養護施設の現