• 兵庫県臨床心理士会

SCの未来を創る会 第2回研修会「学校コミュニティにおける緊急支援」

【タイトル】SCの未来を創る会 第2回研修会「学校コミュニティにおける緊急支援」


SCの相互支援と専門性向上を目指して発足した「SCの未来を創る会」では、実践力を高めるための研修会を下記の要領で開催致します。公立・私立の学校種別、資格

背景に関係なく「スクールカウンセラー」として活動している方々やSC養成や後方支援を担っている方々と共に、SCに期待されている役割について考え、期待に応じるための知識やスキルの再確認やブラッシュアップができればと考えています。zoom会議室での開催となりますので、全国各地の皆様と共に学び情報共有できることを期待しています。


今回の第2回の全国研修会は、当会の世話人で緊急支援の第一人者でもある、九州産業大学の窪田由紀先生と、神戸女学院大学名誉教授の小林哲郎先生に講師をお願いして、研修会を開催いたします。前回の研修会は、早々に定員に達してしまいましたので、参加をご希望のみなさまは、ぜひお早めにお申込みください。


・日時:2022年10月23日(日)9:30〜15:30(受付9:00〜)

【午前】9:30〜11:50

窪田由紀 先生

講義「緊急支援の理論と実際」

事例提供①自死後の支援の実際

【午後】12:50〜15:30

小林哲郎 先生

事例提供②長期的な学校コミュニティ支援の一事例

グループ討議


・開催形態:Zoomによるオンライン開催

・参加費:3千円

・定員:300名(先着順)

・申し込み期間:2022年8月8日(月)〜10月20日(木)


・申し込み方法:下記URLより申し込みページに進みお手続きください

https://select-type.com/ev/?ev=oI4aMN8lsb4

・臨床心理士研修ポイントを申請予定


最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒