top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

TICPOC第6回公開シンポジウム

研修主催団体: 東京大学医学部附属病院精神神経科

研修内容: この度、11月26日に第6回公開シンポジウムを開催することとなりました。

今回は、「ケアする人について考える」と掲げておりますように、対人支援・こころのケアに携わる多くの方にご参加いただけたらと思っております。

◆TICPOC 第6回公開シンポジウム(事前申込要・定員280名)

「ケアする人について考える~東京大学履修証明プログラムTICPOCセカントステージ開始にあたって~」

講演者:(敬称略)

北里大学医学部精神科学講師 大石智

駒澤大学文学部心理学科准教授 鈴木菜実子

特定非営利活動法人あすなろ 相談支援専門員 彼谷哲志

【日時】

2023年11月26日(日) 13:00-16:30

【会場】

東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂 

◆お申込みフォーム 

※定員280名に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。 

医療・教育・福祉領域の専門職の方々、一般の方々など、

皆様のご参加をお待ちしております。

  

◆視覚障害のある方へ

事前に可能な範囲で発表スライドを、読み上げできるPDFにて

お送りいたします。

ご希望の方は、ticpoc.utokyo@gmail.com にご連絡ください。

◆本シンポジウムに関するお問い合わせ

 ticpoc.utokyo@gmail.com

◆TICPOC公式サイト 

2024年度TICPOC各コースの募集詳細は、ホームページで

随時掲載してまいります。

東京大学TICPOC事務局

最新記事

すべて表示

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践

【認知行動療法実践者養成研修2024③】デモンストレーションで学ぶ、セルフ・コンパッションの臨床実践 【内容】 セルフ・コンパッションをご存知ですか? 「自分自身に思いやりを向けること」を意味し、CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)で用いられている手法です。うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されています。 本セミナーではCFTの創始者であるポール・ギルバート博士か

Commentaires


bottom of page