• 兵庫県臨床心理士会

WEDNESDAY NIGHT WITH SANDRA BUECHLER

William Alanson White Instituteからサンドラ・ビューチュラー先生をお迎えし、「Understanding and Treating Patients in Clinical Psychoanalysis :Lessons from Literature」(Routledge 社,2014)各章のパーソナリティスタイルをテーマとした講義と討論で構成するオンラインセミナーです。本セミナーのシリーズは今回で最終となります。

第9回はまとめ回として、20:00から30分程度、司会者を交えての交流セッションを開催します。第9回お申し込みの方は無料でご参加いただけます。水曜の夜、ニューヨークの精神分析家と国内臨床家とのひと時をいかがですか?参加者の皆さまには、各回で用いる日本語資料(PDFファイル)を配布予定です。また、逐次通訳が付きます。

【講師】 Sandra Buechler Ph.D. ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所(WAWI)訓練分析家。「精神分析臨床を生きる:対人関係学派からみた価値の問題」(創元社,2009)ほか希望、孤独、喜び、喪失といった精神分析における感情をテーマにした著書・論文多数。

【司会】川畑直人京都文教大学臨床心理学部教授臨床心理士・公認心理師・教育学博士・WAWI精神分析家・WAWI児童青年心理療法家

【各回テーマ】

第7回:Humiliated suffering 恥辱に敏感な人の苦しみ

第8回:Anguished grieving 苦悶する人の悲嘆

第9回:Depressive self-harming 抑うつ的な人が自分を傷つける

※逐次通訳付き

【日時】

第7回:2022年3月16日(水)20:30-22:15

第8回:2022年4月20日(水)20:30-22:15

第9回:2022年5月18日(水)20:30-22:15

【会場】オンライン(Zoom)

【参加費】全回(3回セット):10,000円 1回:4,000円

【定員】各回80名

【申込方法】以下URLの申込フォームよりお申し込みください。 https://ws.formzu.net/fgen/S40848305/

ホームページからもお申し込みいただけます。 https://www.kipp-u.co.jp/wnsb.html

【申込締切】

全回(3回):2022年3月2日(水)

第7回:2022年3月2日(水)

第8回:2022年4月6日(水)

第9回:2022年4月28(木)

【お問い合わせ先】

有限会社ケーアイピーピーセミナー受付 TEL:075-623-0823(平日9~17時)

E-mail:seminar@kipp-u.co.jp

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒