top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

WISC-Ⅳの所見を支援に活かす方法

大阪・京都こころの発達研究所 葉 主催 研修名:WISC-Ⅳの所見を支援に活かす方法  「児童のWISC-Ⅳの所見を見ても、どう読めばいいのか分からない、支援にどう活用してよいのか分からない」という現場の声がよく聞かれます。所見の読み方、所見から分かることについて、事例も用いながらレクチャーします。

なお、本研修会は、臨床心理士資格更新研修ポイントを申請予定です。 日時:2023年7月17日(月祝) 10:00~16:00 (休憩1時間)    場所:ZOOM(録画視聴3カ月) 講師紹介 浜内彩乃(大阪・京都こころの発達研究所 葉):臨床心理士、公認心理師、社会福祉士、精神保健福祉士等の資格保持者。教育機関、精神科医療機関、福祉機関などでの勤務を経て、現在は、大学教員やスクールソーシャルワーカーとしても活動中。


研修内容 10:00~11:00 WISC-Ⅳの概要説明 11:00~12:30 事例1 学習に遅れが生じて自信を失い、登校渋りが出ている中学1年生 12:30~13:30 お昼休み 13:30~15:00 事例2 授業についていけない、集団行動が苦手な小学6年生 15:00~16:00 知っておくべきポイント ★時間は前後する可能性があります。また実際の事例ではなく、書籍に載っている事例を活用します。


参加要件:WISC-Ⅳの検査所見を目にする医療、教育、福祉現場等の支援者 参加費:5000円(お申込みのページより、チケット購入にて事前にお支払いください。)

定員:250名





WISC-Ⅳの所見を支援に活かす方法
.pdf
Download PDF • 109KB


最新記事

すべて表示

「セクシュアル・マイノリティ⽀援のための基礎知識」

セクシュアル・マイノリティ事例研究会主催 第12回ベーシックレクチャー 「セクシュアル・マイノリティ⽀援のための基礎知識」 ⽇  時:2024 年6 ⽉16 ⽇(⽇) 10:00〜17:00(Zoom 開始 9:45〜) 対  象:臨床⼼理⼠、公認⼼理師、精神科医、精神保健福祉⼠などの有資格者、また臨床⼼理学専攻の⼤学院⽣など各機関・現場で、セクシュアル・マイノリティの⼼理的⽀援・⼼理療法に関⼼が

ティーチャーズトレーニング

研修主催団体: 一般社団法人KiT ティーチャーズ・トレーニング」 ティーチャーズトレーニング(Tトレ)は教育・保育現場、療育施設などの先生のための子どもへの支援・対応を学ぶプログラムです。応用行動分析学の理論を基礎としてほめ方、指示の仕方、問題行動への対応方法などをステップバイステップで一段ずつ学んでいきます。発達障害を抱えるお子さんだけではなく、全ての子供への適切なかかわり方を学び支援スキルの

Comments


bottom of page