top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

WISC-Ⅳの理解と解釈


お問い合わせ ダイヤル・サービス(株) 電話:03-3405-1001(担当:桜井・松田)


<プログラム>

第1部

発達障害の概要と認定基準について

発達障害のアセスメント「WISC-Ⅳ」について学ぶ

第2部

「WISC-Ⅳ」の結果と発達障害の行動特性

ケーススタディ:「WISC-Ⅳ」を活用した療育と学習支援


セミナー概要 日程 2023年1月7日(土)9:30から15:30(休憩1時間)

※今後東京都にてコロナ感染拡大に伴う行動制限等が対象期間に発令となった場合、中止·延期となる可能性があります


受講対象者 臨床心理士や公認心理師などの対人支援に関わる有資格者


定員 30名


締切 2023年1月5日(木)

※定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。


参加方法 東京都千代田区九段南1-6-5 九段会館テラス3F

※九段下駅徒歩1分 地図はこちら


研修講師 中里文子(臨床心理士)


受講代金 お1人様 8,800円(うち消費税800円)

※申し込み受付後、メールで振り込み先口座情報をお送りしますので、そちらにお振り込みください。


研修コンセプト

 「人とうまく関われないのは発達障害だからかもしれない」「うちの子はこだわりが強く、色々なことに敏感過ぎて学校になじめない。これって発達障害だから?」というような相談を受けることがよくあります。では、なぜ発達障害の人はそのような特徴を示すのでしょうか?

 発達障害のある児(人)が感じている生きづらさや他者とは違う感覚の背景には、「独特な認知機能をもっている」という要因があります。「認知機能」とは、その人の脳の中での「情報処理の仕方」、つまり、情報をキャッチし、情報処理(検索)し、行動としてアウトプットする一連の機能に独特な「特徴(癖)」を持っているのです。

 その人の持つ独特な特徴を把握する一つの方法として、知能検査があります。今回は、子ども(5歳0か月~16歳11か月)を対象としたWISC-Ⅳの実際の実施方法に触れることで、その理論的背景を学び理解し、その結果を解釈して支援につなげていく手順について学びます。

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page