• 兵庫県臨床心理士会

WISC-Ⅳオンライン研修会 パート2 ~解釈を踏まえ、よりよい結果報告や報告書作成を行うために~

研修主催団体: 特定非営利活動法人フトゥーロ

*臨床心理士・SENS更新ポイント申請予定 *

お申し込み・詳細はhttps://futuropart2.peatix.com/ よりお願いします。

~研修内容~  パート1と同様に4部構成でお話しします。第1部、第2部では、まず面談時に結果の解釈や支援の提案を伝えるために必要となる情報の確認をします。これを踏まえた上で、面談で必ず伝えるべきことや、保護者や支援者にわかりやすい伝え方、検査を受けた子どもの年齢やタイプ、保護者の状況による伝え方の配慮点などのお話をします。さらに報告書(所見)のまとめかたについて、必ず書きたいこと、書いてはいけないことなどをお話しします。第3部、第4部では複数の事例を通して解釈から結果の伝え方や報告書のまとめ方を紹介します。パート1であげなかった幼児の事例や、中学生の事例、WISC—Ⅳに加えて複数の検査の結果の報告例や検査を受けたお子さん自身への報告の例などもお話ししたいと思います。 また、パート1を未視聴の方に向け、パート1のダイジェスト版を配信します。パート2からの参加も可能ですが、ダイジェスト版をご覧いただくことで、パート2の内容への理解度をより高めることが出来ます(ダイジェスト版のみのご受講では臨床心理士・S.E.N.S更新ポイントの申請は出来ませんので、ご注意ください)。

ダイジェスト版のお申し込みは https://futurodigest.peatix.com/こちらよりお願いいたします。

◇講師:安住ゆう子 特定非営利活動法人フトゥーロ LD発達相談センターかながわ所長(公認心理師・特別支援教育士 SV)

◇対象:心理士・教員・福祉医療関係者等支援者

◇配信期間:2022年1月14日(金)AM10時~2月13 日(日)PM10時

◇申し込み締め切り:2月12日(土)  

◇受講料:8,000円 

◇講義時間:約5時間

◇お申込み方法:Peatix(グループ・ イベント管理サービス)にて申し込み・ご入金・ 資料送付をおこないます。

◇募集人数:800名

◇臨床心理士ポイント申請中・S.E.N.S更新2ポイント(Ⅵ 領域)申請中

最新記事

すべて表示

研修会名: 初学者対象「子どもの心理検査結果を保護者にどう伝えていくか」 [概要] 子どもの心理検査、特に発達検査(新版K式発達検査)や知能検査(WPPSI-Ⅲ、WISC-Ⅳ)の結果をどのようにまとめ、保護者にどう伝えていくかは、初学者にとっては難しい業務だと思われます。 そこで本研修会では、講師のこれまでの経験をもとに子どもの発達検査・知能検査をどのように保護者に伝えていくかについて、架空事例を

MOSS(モス)主催|第3回 心理的アセスメント研修会 WISC-Ⅳの検査記録(所見)の読み方と支援へのつなげ方 ※ 本研修は臨床心理士研修ポイント申請予定です ※ チケット販売は2022年10月20日 (木) 23:55に終了します(満員になり次第終了します) ※ 最少催行人数は12名です ※ 開催にあたっては日本文化科学社さまのホームページの記載を確認しております ▼ 紹介動画|5分04秒