top of page
  • 兵庫県臨床心理士会

with コロナ・ポストコロナにおける心理支援のこれから ~マスクに隠された変化と心理職にできること~

with コロナ・ポストコロナにおける心理支援のこれから

~マスクに隠された変化と心理職にできること~

with コロナの長期化により、対面での交流機会の減少やオンライン化推進といった様々な形で私たちの生活に影響が出ています。 心理支援の場においても、その変化を感じることが増えてきていることでしょう。 さらにポストコロナでは、社会変化による問題が今後表面化してくることが考えられます。例えば、マスクの着用は子ども達の心の発達にどのような影響を及ぼし、私たち心理職はどのような対応が求められるのでしょうか? ワークショップでは、コロナにおける変化と心理支援の社会的ニーズ、心理職にできることについて皆さんと意見交換したいと思います。 「これからの社会の変化に備えて、今のうちに準備をしておきたい方」、「時代のニーズを捉えて、活躍の場を広げたい方」、「より広く他者の意見を聞いて視野を広げたい方」などのご参加をお待ちしています。

【日時(全 2 回)】 11/20(土)・12/4(土)15:00~17:30

【実施形式】 オンライン開催(Zoomビデオ会議システム)

【対象者】臨床心理士、公認心理師、臨床心理士養成系大学院生、 心理的援助に関わっており守秘義務を守って頂ける方

【内容】 テーマに関する話題提供、小グループでの意見交換など

【参加費】 無料

【定員】 100名(先着)

【お申込み】 以下 URL よりお申込みください(初回前日に Zoom の URL をお送りします) https://www.kokuchpro.com/event/f1d2fbc89885f0a33c2b79dedc2e509d/ 締め切り 11/18(木)※定員に達し次第締め切り

【その他】 臨床心理士資格更新ポイント申請予定(2 回通しての参加が必要) *今年度更新予定の方は、2022 年 2 月開催予定の第 5 回ワークショップと同時申請予定ですのでご注意ください

【主催団体】「心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンライン」とは? 2020 年 6 月、コロナ禍で「心理職がオンラインでできることを考えよう」 と集まった、臨床心理士の有志団体です。顔を合わせる機会が減ってしま った今だからこそ繋がり、気軽に情報を発信し学びあう。そんなコミュニ ティを皆さんと作っていきたいと考えています。 佐藤克旨・高科雅哉・花井博・山本立樹(臨床心理士・公認心理師)

【お問い合わせ】心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンラインHP

最新記事

すべて表示

司法心理療法カンファレンス

研修主催団体: 非行・犯罪の問題に取り組む臨床家ネットワーク(NCWDC) 研修内容: 『司法心理療法カンファレンス』を開催します。 【概要】 英国を中心に立ち上がった犯罪への精神分析的アプローチである司法心理療法についての講演と事例検討会を行ないます。 この領域の第一人者の一人であるRonald Doctor氏を招いて、日本で初めての本格的なカンファレンスです。 【主催】 非行・犯罪の問題に取り

オンライン精神分析研究会-トラウマ再考-

研修主催団体: 心理オフィスK 研修内容: ■概要 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。11年目となる2023年度は精神分析とトラウマを取り上げることにしました。フロイトは元々はトラウマ論から出発し、ヒステリーの治療を行ってきました。ヒステリーの原因は性的トラウマがある、という考えでした。しかし、その後、フロイトはトラウマは空想の産物であると転換し、内的空想

【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援

研修主催団体: 株式会社創元社 研修内容: 【オンラインセミナー】スクールカウンセリングのこれから、スクールカウンセラーのこれから ~『生徒指導提要』の改訂が示す子どもの支援 【概要】 不登校やいじめ、また発達障害による困難など、学校生活で苦戦する子どもが増えている。新しく改訂された『生徒指導提要』では、一人ひとりの子どもの個性を発見し、よさや可能性を伸ばす「生徒支援」を目指している。まさにスクー

bottom of page