• 兵庫県臨床心理士会

with コロナ・ポストコロナにおける心理支援のこれから ~マスクに隠された変化と心理職にできること~

with コロナ・ポストコロナにおける心理支援のこれから

~マスクに隠された変化と心理職にできること~

with コロナの長期化により、対面での交流機会の減少やオンライン化推進といった様々な形で私たちの生活に影響が出ています。 心理支援の場においても、その変化を感じることが増えてきていることでしょう。 さらにポストコロナでは、社会変化による問題が今後表面化してくることが考えられます。例えば、マスクの着用は子ども達の心の発達にどのような影響を及ぼし、私たち心理職はどのような対応が求められるのでしょうか? ワークショップでは、コロナにおける変化と心理支援の社会的ニーズ、心理職にできることについて皆さんと意見交換したいと思います。 「これからの社会の変化に備えて、今のうちに準備をしておきたい方」、「時代のニーズを捉えて、活躍の場を広げたい方」、「より広く他者の意見を聞いて視野を広げたい方」などのご参加をお待ちしています。

【日時(全 2 回)】 11/20(土)・12/4(土)15:00~17:30

【実施形式】 オンライン開催(Zoomビデオ会議システム)

【対象者】臨床心理士、公認心理師、臨床心理士養成系大学院生、 心理的援助に関わっており守秘義務を守って頂ける方

【内容】 テーマに関する話題提供、小グループでの意見交換など

【参加費】 無料

【定員】 100名(先着)

【お申込み】 以下 URL よりお申込みください(初回前日に Zoom の URL をお送りします) https://www.kokuchpro.com/event/f1d2fbc89885f0a33c2b79dedc2e509d/ 締め切り 11/18(木)※定員に達し次第締め切り

【その他】 臨床心理士資格更新ポイント申請予定(2 回通しての参加が必要) *今年度更新予定の方は、2022 年 2 月開催予定の第 5 回ワークショップと同時申請予定ですのでご注意ください

【主催団体】「心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンライン」とは? 2020 年 6 月、コロナ禍で「心理職がオンラインでできることを考えよう」 と集まった、臨床心理士の有志団体です。顔を合わせる機会が減ってしま った今だからこそ繋がり、気軽に情報を発信し学びあう。そんなコミュニ ティを皆さんと作っていきたいと考えています。 佐藤克旨・高科雅哉・花井博・山本立樹(臨床心理士・公認心理師)

【お問い合わせ】心理職のこれからを考えるコミュニティ@オンラインHP

https://psychology-community.jimdosite.com/

最新記事

すべて表示

スクールカウンセラーの未来に向けて 「SCの未来を創る会」主催第1回全国研修会

【研修案内】 SCの相互支援と専門性向上を目指して発足した「SCの未来を創る会」では、実践力を高めるための研修会を下記の要領で開催致します。公立・私立の別や学校種別、資格背景に関係なく「スクールカウンセラー」として活動している方々やSC養成や後方支援を担っている方々と共に、SCに期待されている役割について考え、期待に応じるための知識やスキルの再確認やブラッシュアップができればと考えています。 オン

はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援

◆タイトル はじめて学ぶ複雑性トラウマの理解と支援 ◆内容 複雑性トラウマでは、トラウマの代表的な症状であるフラッシュバックの他に、感情調節困難、解離、身体化、対人関係の問題など多くの症状が生じます。これらの多彩な症状を理解し、支援を考える必要があります。 また、実際の臨床では、トラウマに焦点化した心理療法に導入が難しい場合もあります。そのため、トラウマ・インフォームド・ケアを中心とした本格的な治

シリーズ オンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』

研修主催団体: 一般社団法人パーマネントクリエイティブマインド 現在、当法人では、シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』を開催させていただいております。つきましては、もしよろしければ第8回の研修会情報をホームページや、メーリングリスト等でご紹介いただけますでしょうか。拡散していただきたい内容は以下の通りとなります。お手数をおかけして大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します