• 兵庫県臨床心理士会

大六一志先生が語る わかって活かそう!WAIS-Ⅳウェビナー

研修主催団体: イプシロン臨床心理研究会

研修内容: 2022年度 医療法人イプシロン臨床心理研究会

わかって活かそう!WAIS-Ⅳウェビナー WAISは成人(16~90 歳)に使用される代表的な知能検査です。 知的能力の個人内差(得意不得意)の特徴を把握できることから、知的障害、発達障害のアセスメントに広く活用されています。 結果の解釈においては、全検査IQ(FSIQ)、および、言語理解(VCI)、知覚推理(PRI)、ワーキングメモリー(WMI)、処理速度(PSI)という4つの指標得点が中心になります。 本来アセスメントというものは、問題(主訴)の原因および対応を明らかにするのが目的であり、知能検査も例外ではありません。得点が高いとか低いとかいうことを報告したり、それを教科書通りの解釈に置き換えたりするだけでは、正しい解釈にたどりつくことはできません。 問題(主訴)の詳細や行動観察、他検査の結果などの情報も考慮することにより、はじめて適切な解釈が可能になるのです。


【 講師について 】 大六 一志 先生  公認心理師  臨床心理士  臨床発達心理士  特別支援教育士 SV  放送大学客員教授  日本臨床発達心理士会茨城支部長  日本版WAIS、WISC刊行委員

【 受講対象 】 公認心理師・臨床心理士、守秘義務のある専門職・受験資格保有者

【 ウェビナーについて 】

・開催日 2022年7月17日(日)

・時間  10:00~16:00

・会場  Zoom(お申込者様へ視聴URLをお送りします)

・定員  200名

・参加費 8,000円(※お支払いは振り込みになります)

【 資格更新ポイント 】 当研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントを取得予定です。

【 お申し込み方法 】 メールフォームもしくはFAXにてお申し込みください。

■セミナーサイト http://epsylon.jp/event/202207seminar/


最新記事

すべて表示

・研修主催団体:関西ロールシャッハ研究会 ・問合せ先:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 D3大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室内 関西ロールシャッハ研究会 事務局 mail@rorschach.info ・研修内容:関西ロールシャッハ研究会では、阪大法に基づく実施法や解釈などを学んでいますが、『ロールシャッハの集い』では、阪大法に限らず色々な立場の方々のご参加をお待ちしております

日本ロールシャッハ学会 第14回研修会(2022年度) 心理アセスメントのやくめ: 事例を通して学びあう ◇ 研修会プログラム ◇ 日 時:2023年3月19日(日) 10:00 - 16:30 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

メディカルリクルーティング主催 【録画視聴:池見陽先生の世界標準のリスニング(傾聴)セミナー:2022年最新版~傾聴とは「体験過程的リスニング」だ!~】 ※本セミナーは録画視聴となります 昨年度、大変反響をいただいた「世界標準の傾聴を学ぶセミナー:日本標準の『傾聴』を世界標準の『傾聴』へアップデート!」の2022年最新版です。セラピストにとって必須となる傾聴について、人間性心理学の世界的権威である