• 兵庫県臨床心理士会

大六一志先生が語る わかって活かそう!WAIS-Ⅳウェビナー

研修主催団体: イプシロン臨床心理研究会

研修内容: 2022年度 医療法人イプシロン臨床心理研究会

わかって活かそう!WAIS-Ⅳウェビナー WAISは成人(16~90 歳)に使用される代表的な知能検査です。 知的能力の個人内差(得意不得意)の特徴を把握できることから、知的障害、発達障害のアセスメントに広く活用されています。 結果の解釈においては、全検査IQ(FSIQ)、および、言語理解(VCI)、知覚推理(PRI)、ワーキングメモリー(WMI)、処理速度(PSI)という4つの指標得点が中心になります。 本来アセスメントというものは、問題(主訴)の原因および対応を明らかにするのが目的であり、知能検査も例外ではありません。得点が高いとか低いとかいうことを報告したり、それを教科書通りの解釈に置き換えたりするだけでは、正しい解釈にたどりつくことはできません。 問題(主訴)の詳細や行動観察、他検査の結果などの情報も考慮することにより、はじめて適切な解釈が可能になるのです。


【 講師について 】 大六 一志 先生  公認心理師  臨床心理士  臨床発達心理士  特別支援教育士 SV  放送大学客員教授  日本臨床発達心理士会茨城支部長  日本版WAIS、WISC刊行委員

【 受講対象 】 公認心理師・臨床心理士、守秘義務のある専門職・受験資格保有者

【 ウェビナーについて 】

・開催日 2022年7月17日(日)

・時間  10:00~16:00

・会場  Zoom(お申込者様へ視聴URLをお送りします)

・定員  200名

・参加費 8,000円(※お支払いは振り込みになります)

【 資格更新ポイント 】 当研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントを取得予定です。

【 お申し込み方法 】 メールフォームもしくはFAXにてお申し込みください。

■セミナーサイト http://epsylon.jp/event/202207seminar/


最新記事

すべて表示

【セミナータイトル】 認知行動療法ロールプレイトレーニングワークショップ 【内容】 本ワークショップは、参加者様同士のローププレイを通して認知行動療法におけるケースフォーミュレーションと介入を体験的に学ぶ内容となっております。認知行動療法を書籍では学んでいるものの実践経験が限られている方におススメします。一緒に失敗しながら研鑽していきましょう。詳細は下記申し込みページをご参照ください。 【会場】

● ブレインスポッティング 公式Phase1トレーニング ● 【日時】 2022年8月6日(土)9:30~17:00 2022年8月7日(日)9:30~17:00 【参加資格】 医師・公認心理師※1・臨床心理士・心理系の大学院生※2 【参加形式】 ・オンライン(Zoom) ・会場での参加希望の方:名古屋都市センター(愛知県愛知県名古屋市中区金山町一丁目一番一号 金山南ビル内14F) 【定員】

● ブレインスポッティング紹介ワークショップ ● 【日時】 2022年7月17日(日)9:30-12:00  ※9:00アクセス開始 後日視聴参加枠あり 【プログラム】 前半:BSP紹介レクチャー 後半:デモンストレーション 【形式】 オンライン(Zoom) 【講師】 鈴木孝信 PhD(公認心理師/杏林大学/ブレインスポッティング国際トレーナー) 【参加対象】 臨床心理士/公認心理師(